【千葉・蘇我】環境影響評価方法書から読み解く(仮称)蘇我火力発電所建設計画書~問題点と事業者に確認すべきポイント

2018年2月発行 A4版 12p

蘇我火力発電所建設計画を考える会は、石炭火力を考える東京湾の会、NPO法人気候ネットワークと共同で、「環境影響評価方法書から読み解く(仮称)蘇我火力発電所建設計画~問題点と事業者に確認すべきポイント」を発行しました。

同計画は、中国電力㈱とJFEスチール㈱が共同出資して設立した千葉パワー㈱が、千葉市中央区のJEEスチール東日本製鉄所(千葉地区)工場跡地に、設備容量107万kWという大型石炭火力発電所を建設するというものです。建設計画地は、公害訴訟を経て環境が改善されてきた地域であり、現状でも地域住民は大気汚染に悩まされているほか、蘇我スポーツ公園に隣接するなど大きな問題を抱えています。

巨大な火力発電所を作ると、さまざまな環境影響がありますが、方法書は454頁もあり、内容も専門的で理解することが困難です。そこで、私たちは、発電所が建設されるとどのような環境への影響があるか、市民の皆さんと共に考えるため、また、皆さんが方法書に対する意見を書かれる際の参考にしていただければと考え、急ぎ本冊子を作りました。

本冊子では、私たちが特に懸念している問題に絞って取り上げています。私たちの懸念に共感される部分がありましたら、この冊子を参考にしながら意見書を書いていていただき、事業者に提出していただければ幸いです。

シェアしてください!

【千葉・蘇我】千葉市長にむけて計画中止を求める署名を集めます

蘇我石炭火力発電所計画を考える会は、千葉市長宛に、(仮称)蘇我火力発電所建設計画の中止を事業者に働き掛けることを求める署名を開始しました。提出締め切りは3月31日(土)、千葉県以外の方も署名ができます。所定の用紙をプリントアウトして署名していただき、期日までに以下の住所にお送りください。

署名用紙のPDFはこちら

提出先:蘇我石炭火力発電所計画を考える会
〒260-0013 千葉市中央区中央3-13-17

☎℡ 090-7941-7655(小西)

提出締め切り:2018年3月31日(土)

 


署名文

千葉市長 熊谷俊人様

(仮称)蘇我火力発電所建設計画の中止を事業者に働き掛けることを求める署名

 千葉市中央区川崎町1番町(JFEスチール(株)東日本製鉄所(千葉地区)構内)に石炭火力発電所(出力107万kW、事業主体は千葉パワー株式会社)の建設が計画されています。石炭火力発電所は、多量の二酸化炭素を排出するだけでなく、窒素酸化物や硫黄酸化物、さらには水銀等重金属などの大気汚染物質が排出され、海域や河川には温排水による影響も懸念されます。

建設予定地の千葉市中央区蘇我地区では、長い間製鉄所からの大気汚染物質により喘息(ぜんそく)などの健康被害で多くの市民が苦しんできており、1975年、「子どもたちに青空を」求めて地域住民と市民が提訴した「あおぞら裁判」は、いまだ市民の記憶にも鮮明に残っています。

現在でもばいじんや粉じんによる被害が千葉市役所や事業者への苦情となっており、郊外は解決されておりません。さらに環境負荷の大きい石炭火力発電所が建設されることは地域住民にとって到底受け入れられるものではありません。

地球温暖化防止の視点からも、また市民の健康を守るためにも、石炭火力発電所の建設計画の中止を事業者に働きかけるよう強く求めます。

シェアしてください!

【横須賀】環境影響評価準備書から読み解く(仮称)横須賀火力発電所新1、2号機建設計画〜問題点と事業者に確認すべきポイント

2018年1月発行 A4版 12p

横須賀火力発電所建設計画を考える会は、石炭火力を考える東京湾の会、NPO法人気候ネットワークと共同で、「環境影響評価準備書から読み解く(仮称)横須賀火力発電所新1,2号機計画 〜問題点と事業者にか確認すべきポイント」を発行しました。

同計画は、東京電力フュエルパワー(株)と中部電力(株)が共同出資して設立した「(株)JERA」が建設予定地で2014年4月以降長期計画停止していた火力発電所のリプレース(建替え)として、設備容量130万kW(65万kW×2基)という大型石炭火力発電所を建設するというものです。事業者は、2014年4月以前に稼働していた状況を「現状」として比較し、同計画は環境負荷が低くなるとして、環境影響評価の手続きを簡略化して進めるなど、さまざまな課題を抱えています。

巨大な火力発電所を作ると、さまざまな環境影響がありますが、準備書は1324頁もあり、内容も専門的で理解することが困難です。そこで、私たちは、発電所が建設されるとどのような環境への影響があるか、市民の皆さんと共に考えるため、また、皆さんが準備書に対する意見を書かれる際の参考にしていただければと考え、急ぎ本冊子を作りました。

本冊子では、私たちが特に懸念している問題に絞って取り上げています。私たちの懸念に共感される部分がありましたら、この冊子を参考にしながら意見書を書いていていただき、事業者に提出していただければ幸いです。

シェアしてください!

【蘇我】環境アセス方法書への意見募集と説明会開催日程が決まりました

(仮称)蘇我火力発電所建設計画の環境影響評価方法書が1月22日から公開され、3月8日まで縦覧と意見募集が行われます。また、2月7日、9日、10日には、事業者説明会が開催されることになっています。ぜひ、たくさんの意見を出し、説明会にも参加して事業者に疑問を投げかけましょう。

<事業者サイト>
http://www.chiba-power.co.jp/

<環境アセスメント>
http://www.chiba-power.co.jp/ecology/soga_assessment_houhousyo.htmlhttp://www.jera.co.jp/information/20180118_204.html
【2018年1月22日~3月8日まで縦覧期間】

<説明会>

蘇我コミュニティセンター 多目的ホール 2018年2月7日(水)18:00~20:00 千葉県千葉市中央区今井1丁目14-43
市原市市民会館
小ホール
2018年2月9日(金)18:00~20:00 千葉県市原市惣社1丁目1番地1
みやざき倶楽部
ミューズホール
2018年2月10日(土)14:00~16:00 千葉県千葉市中央区宮崎1-15

参考

 

シェアしてください!

【横須賀】環境アセス準備書への意見募集と説明会開催日程が決まりました

(仮称)横須賀火力発電所新1・2号機建設計画の準備書が1月19日から公開され、3月5日まで縦覧と意見募集が行われます。また、1月30日と2月4日には、事業者説明会が開催されることになっています。ぜひ、たくさんの意見を出し、説明会にも参加して事業者に疑問を投げかけましょう。

<事業者サイト>http://www.jera.co.jp/information/20180118_204.html

<環境アセスメント>http://www.jera.co.jp/corporate/assessment/yokosuka.html
【2018年1月19日~3月5日まで縦覧期間】

<説明会>

第一回説明会
日時:2018年1月30日(火)17:40~19:40
会場:ヴェルクよこすか(横須賀市立勤労福祉会館)(横須賀市日の出町1-5)

第二回説明会
日時:2018年2月4日(日)13:30~15:30
会場:久里浜コミュニティセンター (横須賀市日の出町1-5)

参考

説明会のお知らせ、久里浜住民への回覧

横須賀火力発電所建設を考える会のB4チラシ(PDF)

シェアしてください!

蘇我の石炭火力発電所計画のパンフレットができました!

蘇我の石炭火力発電所計画のパンフレットができました。

千葉市が蘇我エコロジーパークとして環境産業の創出を目指してきた地域にある石炭火力発電所計画。既に住民の多くは大気汚染に悩まされていますが、それを加速するような計画がすすめられています。


問題1

近隣住民への健康被害

半径5km圏内には、学校やスポーツ状などの公共施設が立地。石炭火力発電所が排出する大気汚染物質による地域住民への影響は無視することはできません。

 

問題2

気候変動の加速

石炭は燃やすと、化石燃料の中でも一番多くのCO2を排出し、その排出量はLNGの約2倍。地球温暖化の原因となり、異常気象や集中豪雨・干ばつなど気候変動を加速します。

 

問題3

公害問題再熱の可能性

建設予定地は川崎製鉄所(当時)との公害訴状を経て環境が改善されてきた地域です。その地域で、複合汚染によって公害問題が再熱化することが懸念されます。

 


 

この問題が、一人でも多くの方に伝わるよう、ぜひこのパンフレットをご活用ください。

本チラシを配付用にまとめてご希望の方は、題名に「蘇我パンフレット希望」と書いてこちらにご連絡ください。

 

蘇我パンフレットPDF

 

シェアしてください!

横須賀の石炭火力発電所計画のパンフレットができました!

袖ケ浦に続き、横須賀の石炭火力発電所計画に関するパンフレットが完成しました。

横須賀における計画の基本的な情報から、なぜ石炭火力発電所が必要ないのか、そして計画予定地の周辺にある学校や公共施設についての情報などを掲載しています。

 


問題1

近隣住民の健康被害

光化学オキシダントは現状でも環境基準を満たしておらず、さらに大気汚染が進めば、健康被害が顕在化します。

 

問題2

気候変動の加速

石炭は燃やすと、化石燃料の中でも一番多くのCO2を排出し、その排出量はLNGの約2倍。地球温暖化の原因となり、異常気象や集中豪雨・干ばつなど気候変動を加速します。

 

問題3

防災上の安全の問題

横須賀計画の建設予定地は、1950年台に埋め立てなどによる造成地にあります。今後の大地震発生時の液状化、耐震性に不安が残ります。

 


 

この問題を一人でも多くの方に知っていただくために、ぜひこのパンフレットをご活用ください。

本チラシを配付用にまとめてご希望の方は、題名に「横須賀パンフレット希望」と書いてこちらにご連絡ください。

横須賀パンフレットPDF

シェアしてください!

横須賀火力発電所に関連するアンケート結果~住民説明は不十分

9月2日、横須賀石炭火力発電所建設計画について考える会では、久里浜の横須賀火力発電所の跡地で進められている石炭火力発電所の建設計画に関して、戸別訪問によるアンケート調査を実施いたしました。合計46名の方から回答を頂き、計画を進める事業者・株式会社JERAが住民へ十分な説明をしていない状況が映し出される結果となりました。

アンケート結果

石炭火力発電所の建設計画については17名、4割近くの方が知らなかったと回答しました。

石炭火力発電所建設計画に対しての考えを尋ねたところ、5名が賛成と回答している以外は、反対20名(43%)、わからない21名(46%)という結果になりました。「わからない」という回答が半数近くに上った事由としては、詳細情報がないことも影響していると考えられます。

横須賀発電所の長期休止していた既存設備の解体が5月から開始していることについては、6割の方は知っているものの、やはり4割近くの方は知らない状態でした。

特に、既存設備に大量のアスベストが大量に使用されていることは、29名(63%)の方が知らなかったと回答。また、アスベスト除去工事については、以下に示すように、29名の方が説明を受けていないので不安であるとし、事業者の説明が不十分であることが浮き彫りとなりました。

その他、住民から寄せられて意見には、

・町内会として説明会を開いてほしい
・5月ごろから網戸に白いものがつくようになった
・アスベストが使われているんですか。飛んでくる
・説明なんで聞いても信用できない。アスベストなんて良くないに決まっている

といったものが寄せられました。

考える会では引き続き地元へのアンケート調査を実施していく予定です。

 

シェアしてください!

袖ケ浦の石炭火力発電所計画のパンフレットができました!

袖ケ浦の石炭火力発電所計画のパンフレットができました。

この計画は、袖ケ浦市民をはじめ市原市や木更津市などの影響を受ける近隣の人たちに知られていませんが、様々な問題を抱えています。


問題1 住民への健康被害

半径5km圏内には、幼稚園・保育園・小中学校・病院などが立地。石炭火力発電所が排出する大気汚染物質による地域住民への影響は無視することはできません。

問題2 気候変動の加速

石炭は燃やすと、化石燃料の中でも一番多くのCO2を排出し、その排出量はLNGの約2倍。地球温暖化の原因となり、異常気象や集中豪雨・干ばつなど気候変動を加速します。

問題3 生態系への影響

盤州干潟は建設予定地から3km程度の距離。発電所が運転すると温排水が今より5割増加し、生態系への影響が懸念されます。


 

この問題が、一人でも多くの方に伝わるよう、ぜひこのパンフレットをご活用ください。

本チラシを配付用にまとめてご希望の方は、題名に「袖ケ浦パンフレット希望」と書いてこちらにご連絡ください。

 

袖ケ浦パンフレットPDF

 

シェアしてください!