【袖ケ浦】出光石炭研究所の前で建設反対を猛アピール

9月7日、一般財団法人石炭エネルギーセンター等の石炭火力に関連する業界団体等で毎年開催している「クリーンコールデー国際会議」。2017年は開催2日目の国際会議サイトツアーで、出光興産の袖ケ浦バルクターミナル、石炭研究所を訪れるというので、そのタイミングに合わせ、袖ケ浦石炭火力発電所の建設に反対する有志約50名が集い、地元住民等が反対していることをアピールしました。

サイトツアー参加者が訪れる予定時刻10時30分を前に、まず、出光の関係者に向けて、「石炭、反対!」、「環境汚染、反対!」「空気を汚すな!」等の抗議の声を届けます。門の前では出光の社員と思われる方が、不安げ?にこちらの様子を伺っていました。バスが到着すると、バスの中からはツアー参加者の人たちがこちらのデモの様子を覗き込んで見ていました。石炭が、地元住民から歓迎されていないという空気は十分に伝わったのではないでしょうか。

袖ケ浦の石炭火力発電所建設計画は、東京ガス、出光興産、九州電力の3分の1ずつの出資によって事業が進められているものです。今も光化学スモッグが絶えない袖ケ浦にこれ以上火力発電所の建設は住民にとって大迷惑です。30分ほど出光前でのアクションを行った後、1km先の東京ガスLNG基地前にも行って、石炭火力発電所建設反対のアピールを行いました。今回、参加者には学生など若者や子どもを持つ母親たちも参加してくれました。このアクションの輪はこれからますます広がっていくでしょう。

袖ケ浦市民が望む政策研究会のHPでも紹介しました。ぜひご覧ください。

シェアしてください!

千葉袖ヶ浦火力発電所計画地周辺を見学

7月23日の日曜日、千葉県の袖ケ浦火力発電所の建設計画がある周辺で見学会を実施しました。

東京湾の会のメンバーである袖ヶ浦市民が望む政策研究会の地元の皆さんの案内で、蘇我や市原、横須賀からもメンバーが集まりました。また、今回企画の中心になったFoE Japan公害・地球環境問題懇談会(公害・地球懇)、350.org Japanグリーンピース・ジャパン、そして気候ネットワークが参加しました。

展望台から

見学会では、まず袖ケ浦の発電所地域一帯が見渡せる展望台にのぼりました。稼働中の火力発電所、天然ガスの貯蓄倉庫や、ガス・石炭を運んでくる大型のタンカーなどが見える一方で、潮干狩り場も見渡すことができました。その後は、実際に石炭火力発電所が出来た場合に、温排水がながれてくる場所に訪れ、建設予定地の周辺をまわりました。

温排水がながれてくる予定の場所にて

袖ケ浦の計画

袖ケ浦では、現在2基の石炭火力発電所が計画されています。九州電力、出光興産、東京ガスの3社の共同出資による計画です。国の環境影響評価法に基づいたアセスメントが行われており、今年9月頃に、市民が意見できる最終段階である「準備書」というものが出される予定です。

このまま計画が進めば、稼動開始は2025年になる予定です。この2基だけで、日本全体で排出するCO2の約1%を占めることになります。

建設が予定されている地域

写真右側の2つの煙突の少し手前に建設が予定されています。この一角だけで、日本のCO2の1%を排出する、そしてそれが2025年から・・・・年までの・・年間稼働し続けるのです。

付近にはこどもたちが集まる場所も

建設が予定されている地域の半径5km以内には、保育園や幼稚園、小中学校や高校が、20以上あります。また、公園や病院、図書館なども含めるとその数はぐっと増えます。発電所としては、ばい塵などの汚染物質を出す煙突を高くすることで問題を回避しているように見受けられますが、単にそれらの物質をより広い地域にばら撒いているだけになるのです。

今回の見学会では、世代を超えて問題の危急性を共有できました。アセスメントの準備書が出されるまでに、市民グループ、NGO/NPO、そしてなによりも地元の方たちがまず「この計画を知る」ことが重要です。より多くの人々の声を届けるために、試行錯誤しながら邁進していこうと思います。

 

 

 

シェアしてください!

千葉袖ケ浦エナジーに申入れ

7月12日に千葉袖ケ浦エナジーに電話後、石炭火力新設計画に関する、そして事業内容に関する懇談会開催の申し入れをFAXしました。検討の上、回答するとのことでした。以下に申入れ文書を掲載します。

“千葉袖ケ浦エナジーに申入れ” の続きを読む

シェアしてください!

【袖ヶ浦】東京ガス株主総会開催にて「株主の皆様へ」アクション

6月29日、東京ガス株式会社の株主総会が開催され、会場(東京ガス株式会社本社)前で袖ヶ浦市民が望む政策研究会のメンバーを中心に株主向けアクションを行いました。 “【袖ヶ浦】東京ガス株主総会開催にて「株主の皆様へ」アクション” の続きを読む

シェアしてください!

千葉県知事に東京湾岸の石炭火力発電建設計画への申入れ(2017年5月22日)

2017年5月22日

 本日5月22日には千葉県知事に対して申入れを行いました。千葉県側からは環境政策課、大気保全課、循環型社会推進課、経済政策課の4課から出席してくださいました。
市民側からは、「東京湾の会」の発足の経緯や、県知事への申入れの内容を説明し、さらに各地域からの問題提起しました。さらに、議論の中で温室効果ガス削減の将来見通しや削減目標との関係で石炭火力発電所が及ぼす影響を評価してほしい、複合汚染についての影響をしっかり評価してもらいたいという要望をあげました。

申入れの様子

<住民の主な懸念>
●大気汚染
・現状でもPM2.5や光化学オキシダントなど環境基準を満たしていない状況であり、さらに降下ばいじんや粉じんによる被害もいまだ解決していない。
●防災上の安全の問題
・建設計画のある地域は地震による液状化や津波の影響も懸念されている。蘇我では、広域防災拠点に隣接。
●住宅密集地に隣接
・建設予定地は、多くの市民が居住している住宅密集地(保育所・幼稚園・学校・大型ショッピングセンター等がある)に隣接している。
●石炭灰の行き先
・大量の石炭灰の処理先が定まっていない。
●複合汚染
・複数の石炭火力発電所が全て稼働した場合の環境影響評価がされていない。
●生態系への影響
・千葉では盤州干潟が袖ケ浦火力発電所建設予定地から3km程度の距離。
●海水温上昇の影響
・東京湾ではこの数年で水温が上昇しており、海苔養殖などへの影響がある。さらに火力発電所ができればさらに水温が上がる。
●気候変動問題
・パリ協定に反し、大量のCO2を長期に排出する。

■提出した申入書等
東京湾の石炭火力新設計画に関する申し入れ
千葉県知事への申し入れ時の「石炭火力を考える市原の会」の意見
要請書(小櫃川河口・盤洲干潟を守る連絡会)
大気質と温排水のアセスメントについて
公害防止装置の概要について質問状の送付(千葉袖ケ浦エネジー)
千葉袖ケ浦エネジー提出アセスの工場排水についての不安
脱硫装置排水などからの水銀が食物連鎖で濃縮の危険

また、千葉県へ申入れをした後、千葉県庁の記者クラブで記者会見を行いました。

千葉県庁記者クラブでの記者会見の様子

■プレスリリース

プレスリリース 千葉県知事に東京湾岸の石炭火力発電建設計画への申入れ

シェアしてください!

【袖ケ浦】2017年5月16日温排水の影響などに対する意見

石炭火力を考える東京湾の会
袖ヶ浦地域代表 富樫孝夫

環境省と話し合い資料

  1. アセスメント制度の改善をお願いします。

① 現状のアセスメントでは事業者の計画のみの単独評価です。 これは例えて言えば平原の真ん中に発電所作って、最大着地濃度はこの程度です、低いから問題ないです。という結論です、しかしPM2.5やオキシダントなどすべての観測点で基準以上です。
こんな現実からかけ離れている制度はまともと言えないのではないでしょうか? “【袖ケ浦】2017年5月16日温排水の影響などに対する意見” の続きを読む

シェアしてください!

2017年5月16日東京湾の石炭火力新設計画に関する申し入れ

本日5月16日、石炭火力を考える東京湾の会では以下の環境省への申入れを行いました。

東京湾の石炭火力新設計画に関する申し入れ

環境大臣 山本 公一さま

東京湾の石炭火力新設計画に関する申し入れ

2017年5月16日
石炭火力を考える東京湾の会 共同代表
鈴木陸郎、小西由希子、富樫孝夫、永野勇

拝啓 貴職におかれましては、環境の保全を推進し、国民の健康で文化的な生活の確保の実現に向けご尽力を頂き感謝申し上げます。

さて、2016年12月東京湾岸沿いの石炭火力発電所新設計画(袖ケ浦市に100万kWが2基、市原市に100万kWが1基、千葉市に107万kWが1基、横須賀市に65万kWが2基)が発表されましたが、私たちは「今なぜ石炭火力発電なのか?、東京湾岸に新たな発電設備は必要なのか?」、という素朴な疑問がわきました。 “2017年5月16日東京湾の石炭火力新設計画に関する申し入れ” の続きを読む

シェアしてください!

「石炭火力発電所建設を考える女性の集い(袖ヶ浦)」へのお誘い

子どもたちを守りたい!袖ケ浦の緑を・海を・大気を汚染から守りたい!

石炭火力発電所建設の計画が進んでいます。7月には環境アセスメント最終段階の「環境影響評価準備書」が完成する予定です。ここだけではありません。袖ケ浦には100万kw 2基、蘇我と千種海岸に1基ずつ計4本の巨大な煙突が建ち、1基年間320万トンの石炭を燃やし排煙を噴き出します。(市原の場合経産省審査書掲載)

私たちは、「熱源である石炭を変えてほしい」と願います。その理由や、石炭火力の場合どのようなことが心配されるのか・・そんなことを、子どもの命を守り育てる女性の立場から考えてみたいと思うのです。気楽なご参加を・・お誘いです。

日時:2017年3月18日(土)午後2時~4時

会場:袖ケ浦市民会館2F「市民フリールーム」

講師:平田 仁子さん(NPO法人気候ネットワーク)

演題:私たちや子どもたちにどんな影響があるの?袖ヶ浦に建設予定の石炭火力発電所

  • PM2.5??何のこと?
  • なんで石炭が悪くて、ガスならいいの?原発なら知っているけど
  • パリ協定って何のこと?
  • 地球温暖化でどうなるんでしょう
  • 海水温が上がっているんだって・・
  • 海苔も全滅???
  • これからどうなるんでしょう?

平田さんは、なぜ石炭火力が問題になっているのかということを豊富な資料を使ってやさしく、わかりやすく話してくださいます。そしてきっと「私たちはどうしなければならないのか」を考えさせてくれるでしょう。「目からうろこが落ちたようね・・」というのが参加者の感想です。

連絡先:葛原朋子(63-1449) かわかみひろし(62-2016)

シェアしてください!

東京新聞に市原と袖ヶ浦の石炭問題がとりあげられました

石炭の問題が東京新聞で取り上げられました!

東京新聞 2016年7月1日

<参院選>市原、袖ケ浦で石炭火力発電計画 東京の犠牲もうゴメン

http://www.tokyo-np.co.jp/article/chiba/list/201607/CK2016070102000173.html

シェアしてください!

石炭火力発電所建設について考える集い 袖ヶ浦

二酸化炭素・地球温暖化の問題もあるけれど、地元には法人市民税も入るし、昔のような公害もないと聞くけれどどうなのだろう?

環境省の反対もありましたが、袖ケ浦市での石炭火力発電所建設は、具体的日程の中に入り、すでに環境アセスメントも第3段階の「意見概要・見解とりまとめ」の段階に入っています。地球温暖化問題での画期的ともいわれる「パリ協定」では、法的拘束性を持つ協定内容を作り上げています。

国際的には、石炭火力は過去の遺物として扱われようとしているときに、まったく逆の方向に歩みだすことに、心が痛まないのか・・安倍現政権・電力企業の判断に首をかしげざるを得ません。

袖ケ浦市としては、法人税の増収という甘い餌が目の前にあります。一方、3本の煙突が立ち並び(東電と並んで立つ)、そこから排出される排煙や、東京湾に注がれる高温水による海水汚染等、リスクも決して少ないものではありません。

これらのことを一度考えてみたい。

そういう声にこたえて、「NPO法人・気候ネットワーク」の協力も得て、下記の集いを開催いたします。心ある方々の参集を呼びかけます。おおいに疑問をぶつけあい、考えあいましょう!

 

日時

2016年5月22日(日) 午後2時~4時

会場

袖ケ浦市市民会館2Fフリールーム   参加費無料

講演

「パリ協定と石炭火力発電所(仮称)」
平田仁子(気候ネットワーク・理事)

石炭火力発電所による健康影響(仮称)
ラウリ・ミルヴィエルタ (グリーンピース・インターナショナル)

主催

袖ケ浦市民が望む政策研究会

連絡先

会長:関 巌

事務局:かわかみひろし  電話 0438-60-2610

共催

認定NPO法人・気候ネットワーク

国際環境NGO グリーンピース・ジャパン

 

シェアしてください!