講演会「パワーシフト!自然エネルギーを重視する電力会社を選ぼう」

講演会「パワーシフト!自然エネルギーを重視する電力会社を選ぼう」

蘇我石炭火力発電所計画を考える会などが主催するイベントです。ぜひご参加ください。 “講演会「パワーシフト!自然エネルギーを重視する電力会社を選ぼう」” の続きを読む

シェアしてください!

千葉県知事に東京湾岸の石炭火力発電建設計画への申入れ(2017年5月22日)

2017年5月22日

 本日5月22日には千葉県知事に対して申入れを行いました。千葉県側からは環境政策課、大気保全課、循環型社会推進課、経済政策課の4課から出席してくださいました。
市民側からは、「東京湾の会」の発足の経緯や、県知事への申入れの内容を説明し、さらに各地域からの問題提起しました。さらに、議論の中で温室効果ガス削減の将来見通しや削減目標との関係で石炭火力発電所が及ぼす影響を評価してほしい、複合汚染についての影響をしっかり評価してもらいたいという要望をあげました。

申入れの様子

<住民の主な懸念>
●大気汚染
・現状でもPM2.5や光化学オキシダントなど環境基準を満たしていない状況であり、さらに降下ばいじんや粉じんによる被害もいまだ解決していない。
●防災上の安全の問題
・建設計画のある地域は地震による液状化や津波の影響も懸念されている。蘇我では、広域防災拠点に隣接。
●住宅密集地に隣接
・建設予定地は、多くの市民が居住している住宅密集地(保育所・幼稚園・学校・大型ショッピングセンター等がある)に隣接している。
●石炭灰の行き先
・大量の石炭灰の処理先が定まっていない。
●複合汚染
・複数の石炭火力発電所が全て稼働した場合の環境影響評価がされていない。
●生態系への影響
・千葉では盤州干潟が袖ケ浦火力発電所建設予定地から3km程度の距離。
●海水温上昇の影響
・東京湾ではこの数年で水温が上昇しており、海苔養殖などへの影響がある。さらに火力発電所ができればさらに水温が上がる。
●気候変動問題
・パリ協定に反し、大量のCO2を長期に排出する。

■提出した申入書等
東京湾の石炭火力新設計画に関する申し入れ
千葉県知事への申し入れ時の「石炭火力を考える市原の会」の意見
要請書(小櫃川河口・盤洲干潟を守る連絡会)
大気質と温排水のアセスメントについて
公害防止装置の概要について質問状の送付(千葉袖ケ浦エネジー)
千葉袖ケ浦エネジー提出アセスの工場排水についての不安
脱硫装置排水などからの水銀が食物連鎖で濃縮の危険

また、千葉県へ申入れをした後、千葉県庁の記者クラブで記者会見を行いました。

千葉県庁記者クラブでの記者会見の様子

■プレスリリース

プレスリリース 千葉県知事に東京湾岸の石炭火力発電建設計画への申入れ

シェアしてください!

【千葉】2017年5月16日(仮称)蘇我火力発電所建設計画に関する申し入れ

2017年5月16日
環境大臣 山本 公一さま

(仮称)蘇我火力発電所建設計画に関する申し入れ

蘇我石炭火力発電所計画を考える会

拝啓
貴職におかれましては、健康で文化的な国民生活の確保・実現に向け、日々環境保全にご尽力くださり、感謝申し上げます。

私たちは昨年末新聞報道等で、千葉市中央区川崎町1番地(JFEスチール(株)東日本製鉄所(千葉地区)構内)に石炭を燃料とする火力発電所(出力107万kW)の建設が予定されていることを知りました。ご存じの通り石炭火力発電所は,技術革新が進んだとはいえ、多量の二酸化炭素を排出するだけでなく、窒素酸化物や硫黄酸化物,さらには水銀等重金属など大気汚染物質が排出され、海域や河川には温排水による影響も懸念されます。

“【千葉】2017年5月16日(仮称)蘇我火力発電所建設計画に関する申し入れ” の続きを読む

シェアしてください!

2017年5月16日東京湾の石炭火力新設計画に関する申し入れ

本日5月16日、石炭火力を考える東京湾の会では以下の環境省への申入れを行いました。

東京湾の石炭火力新設計画に関する申し入れ

環境大臣 山本 公一さま

東京湾の石炭火力新設計画に関する申し入れ

2017年5月16日
石炭火力を考える東京湾の会 共同代表
鈴木陸郎、小西由希子、富樫孝夫、永野勇

拝啓 貴職におかれましては、環境の保全を推進し、国民の健康で文化的な生活の確保の実現に向けご尽力を頂き感謝申し上げます。

さて、2016年12月東京湾岸沿いの石炭火力発電所新設計画(袖ケ浦市に100万kWが2基、市原市に100万kWが1基、千葉市に107万kWが1基、横須賀市に65万kWが2基)が発表されましたが、私たちは「今なぜ石炭火力発電なのか?、東京湾岸に新たな発電設備は必要なのか?」、という素朴な疑問がわきました。 “2017年5月16日東京湾の石炭火力新設計画に関する申し入れ” の続きを読む

シェアしてください!

稲毛の空にも?「なぜ石炭火力発電所なのか」学習会を開催します(千葉)

千葉市に計画されている石炭火力発電所建設計画について考える学習会が開催されました。

日時 2017年3月17日(金) 13:30~15:30
会場 穴川コミュニティセンター 1階 集会室
アクセス JR総武線・総武快速線 稲毛駅下車 徒歩約20分

千葉都市モノレール 穴川駅下車 徒歩5分

趣旨  JFEスチール㈱東日本製鉄所構内に、石炭火力発電所((仮称)蘇我火力発電所)建設計画が持ち上がり、環境への影響が大変心配されています。

煙突から出てきたものは、その後、どこえゆきどうなるのでしょうか。稲毛の空にも、煙突から出るガスや、汚染物質が、風向きによって飛んでくるかもしれません。石炭の燃焼によって水銀等有害な重金属も排出されますし、温排水の影響も不安です。

稲毛地区でも、他人事ではありません。

これまで環境を守る活動を続けてこられた小西由希子さんを講師にお呼びし、わかりやすく、詳しくお話いただきます。

是非、多くの皆様にお越しくださいますよう、お誘い合わせのうえご参加ください。

チラシはこちら

プログラム

蘇我地区に石炭火力発電所計画!
稲毛の空にも?本当に大丈夫?

小西 由希子 「(仮称)蘇我火力発電所」を考える会

環境省環境カウンセラー

参加費 無料
申込方法 電話またはメールでお申込みください。

TEL:080-5883-5801 (平日10:00~16:00)

E-mail:inage@chibanet.jp

主催 市民ネットワークいなげ
協力 気候ネットワーク
お問合せ先 市民ネットワークいなげ事務局

TEL:080-5883-5801 (平日10:00~16:00)

E-mail:inage@chibanet.jp

シェアしてください!