【蘇我】千葉市の大気環境と蘇我石炭火力発電所建設環境アセス ~地域からの見解~

蘇我石炭火力発電所建設を考える会では、2017年11月下旬から、2018年1月下旬にかけ、千葉市中央区臨海部を中心とした千葉市全般に対し、現在の粉じん被害状況について20,000世帯を対象にアンケートを実施しました。2月28日の時点で335世帯の皆様から、回答やご意見を頂きました。下記にアンケート結果をご報告いたします。また、環境アセスメントのあり方について、中央区臨海部に住む考える会メンバーの意見を掲載しています。

アンケート集計結果

 

お答えいただいた335世帯のうち、さらに189世帯から意見を頂戴しました。その一部を抜粋したものを以下に掲載いたします。

 

アンケートご意見

  • 近隣には病院も多数あります。私も小児喘息で苦しんでいました。子供のこもった咳がきになります。計画は絶対反対です。
  • 事業者の健康被害を考えていない態度に腹立たしさを覚えました。
  • スポーツ公園・フードセンターが隣接するJFE敷地内に石炭火力・・・は、住民を無視した蛮勇だ!!化石燃料による発電は必要ない。
  • これから先ずっと子供や孫たちが安心してくらせる地域であることを望みます。
  • テラスの表面が黒く汚れ高圧洗浄機で洗ってもデッキブラシで洗っても汚れが落ちなくなっている。物干竿は毎日ふいても雑巾が炭のように黒くなる。部屋の中もザラつく。
  • 最も環境負荷が高いと世界中からひんしゅくを買っている石炭火力発電を計画している会社のモラルを問いたい。
  • 洗濯物が汚れると思い、いつも外に干していない。ベランダを拭くと真っ黒になるので。
  • 千葉に引越してから喘息になりました。娘が2歳の時で今は7歳ですが、毎日薬をのんでいます。こんなのおかしいと思います。
  • すごい粉じんで家の中がざらざらで、お風呂上りに足が黒くなり大変困っています。
  • 県外から引越して来たが、あまりにも粉じんがひどく驚いた。掃除機やダスターや空気清浄機が粉じんですぐに黒くなる。臭いもひどい。工場は危機意識をもつべきである。
  • 千葉みなと地区に引越してきて7年が過ぎましたが、マンションのベランダや室内が黒いすすで汚れ、環境への不安があります。他の住民も同じように感じています。
  • 容易に引越しができるなら千葉市から出たい。行政がなにもしないなら住民税を支払いたくない。なんとかして欲しい。

環境アセスについて(中央区臨海部住民より)

 以上がアンケート集計とご意見の抜粋ですが、生活者の切実な現状を知り心が痛めております。今でも、私たちの日常暮らしの中で耐えがたい汚れとなり、特に喘息や気管支炎などの気管支系疾患等の苦しみを、多くの住民(特にお子様)に被害をもたらしております。その多くの原因は、JFEスチール㈱によるものではと考えられます。

 今般、そのJFEスチール敷地内に中国電力と共同出資で設立された千葉パワー㈱「石炭火力発電所建設計画」に対する環境アセスが進められております。私たち千葉市住民、特に中央区臨海部の住民は、今でも黒い粉じん被害があり、健康被害や悪臭で苦しんでいるにもかかわらず、年間260万トンの膨大な石炭を原料とする石炭火力発電所の建設は、到底受け入れられるものではありません。

 しかも断じて許せないのが、環境アセスの中で「石炭粉じん」が環境影響評価項目から見事に外されていたことです。理由は260万トンの石炭の荷受け作業はすべて別会社のJFEスチール㈱が行い、密封式の揚炭機で密封式のベルトコンベアで、千葉パワー㈱の密閉式の貯炭庫に収めるので一切の石炭粉じんは発生しない。しかも別会社の作業なので千葉パワー㈱の環境アセス対象から外した、との常識的には考えられない詭弁を堂々と主張しております。勿論、JFEからも一切、石炭荷受けに関する説明もありません。千葉市臨海部は毎年初春から風速10メートル以上の南風が頻繁に吹き付けます。どんなに密閉式といっても完ぺきに石炭粉じんの飛散防止は100%不可能だと断じても間違いではないと確信します。

 さらに、環境アセス方法書で義務付けられた説明会以前に、最も建設予定地に隣接する周辺住民や自治会に対し、個別に説明会を行い、その場では質疑応答も自由に発言させ住民の不満を事前に解消しております。その後、法的説明会として隣接地住民以外を対象に開催し、質疑応答も自由ではなく、書面提出をさせ一方的な回答のみ行い、その回答に対する質疑応答にも一切応じておりません。書面提出に対し会場から多くの方から厳しく苦情が出されましたが、事業者側は「意見書は書面で提出して頂くことが、方法書プロセスでは法的に規定されており、皆様の意見は方法書の意見として正式に反映させて頂きます。」と受入れる気配もなく、極めて傲慢な議事進行がなされました。参加者として、「それでは建設隣接地に住民に行った事前説明会での苦情や意見は書面提出されておらず、方法書意見とはならないではないか!フェアなやり方ではない!」と攻めよったが、我関せずで、無視されました。ひどい環境アセスの在り方でした。

千葉市環境審査会や千葉県環境審議会も、「現在住民が苦しんでいる粉じん問題の原因になっている石炭粉じんについては、完全に外された方法書」の審査を行っているのが現状です。同時に、「方法書手続きにも、意見徴収の不公正な手法という大きな問題がある。」にも関わらず平然と審査を進めております。このようないい加減な環境アセスが当然のようにまかり通る現在の政治や行政の在り方、断じて見過ごさない国民の皆様の良識に期待したいと切に願っております。

余談ですが、今回の千葉パワー㈱や親会社である中国電力㈱及びJFEスチール㈱は、森友問題、加計問題、行政の改ざん行為や隠ぺい問題では、明らかな状況証拠があるにもかかわらず、平然と嘘をつき、隠ぺいし、自分たちの利益だけを通そうとする政治家や官僚の体質と同じだと憤りを感じています。

私は、毎日、「きれいな空、きれいな空気」にあこがれて、質素な生活を過ごしております

考える会では引き続きアンケート調査を実施していく予定です。

シェアしてください!

新サイト「石炭汚染マップ」を公開~東京湾地域への影響は?~

3月の19日に千葉にて、21日には横須賀  久里浜にて、セミナー「東京湾の石炭火力発電所新設による大気汚染で何が起きるか」を開催いたしました。どちらも申込み人数より多くの方が参加してくださいました。

 

今回のセミナーは、国際環境NGOグリーンピース・ジャパンと特定非営利活動法人気候ネットワークが3月19日に発表した、日本の石炭火力発電所から排出される大気汚染物質の拡散を示すシミュレーションマップ石炭汚染マップを公開をうけての開催でした。同マップでは、現在日本各地で建設が計画されている石炭火力発電所40基以上が稼働した場合、追加的に発生する大気汚染の状況を視覚的に示しており、発電所建設地の近隣住民の方などが、周辺におよぶ汚染状況を確認することができます。

 

本サイトは、現在把握できている建設予定の石炭火力発電所の情報、現在入手可能な各種データベース(地形・気象データ等)、大気汚染データ(国立環境研究所 より2014年の県別データを入手)を用いて行ったシミュレーション結果を表示しています。日本全国の計画はもちろん、東京湾一帯で計画されている石炭火力発電所が建設された場合、どのような大気汚染が予想されるかも確認することができます。

以下の図は、東京湾一帯の計画(蘇我、袖ケ浦二基、横須賀二基)がすべて稼動した場合のPM2.5の、4月の汚染予測をしめしています。PM2.5は、花粉も小さい粒子のため、マスクを簡単に通り抜けてしまいます。そのまま肺にとどき、血流にのることができてしまうため、大きなリスクとなります(PM2.5についての詳しい情報はこちら)。

図のオレンジ色が濃いほど大気中の濃度が高いことを意味します。そのほかにも、主要な汚染物質NO2とSO2の予測も確認することができます。(詳しい数値はこちらを参照下さい。)また、1年間の汚染予測を月ごとに追って確認できるようにもなっています。目でみて影響がわかるというこのマップの特徴を活かして、多くの方にこの現状を伝え関心を持ってもらうことがねらいです。みなさまもぜひこの情報を拡散してください。

 

 

 

<ウェブサイト>

石炭汚染マップ・・・石炭火力発電所から排出される大気汚染物質の拡散を示すシミュレーションマップ。

<こちらもあわせて>

石炭発電所ウォッチ・・・2016年以降に計画されている石炭火力発電所の詳しい情報がみられます。

<お問合せ>

国際環境NGOグリーンピース・ジャパン
広報担当 城野千里 TEL:080-6558-4446 E-mail:chisato.jono@greenpeace.org
〒160-0023 東京都新宿区西新宿8-13-11 NFビル2F TEL:03-5338-9800

気候ネットワーク東京事務所
TEL:03-3263-9210、FAX:03-3263-9463、E-mail:tokyo@kikonet.org
〒102-0082 東京都千代田区一番町9-7一番町村上ビル6F

シェアしてください!

千葉セミナー「東京湾の石炭火力発電所新設による大気汚染で何が起きるか(仮称)」

19日に、千葉県教育会館にて、セミナー「東京湾の石炭火力発電所新設による大気汚染で何が起きるか(仮称)」を開催いたします。グリーンピース・インターナショナル石炭・大気汚染部門 上級国際キャンペーナーのラウリ・ミルヴィエルタ(Lauri Myllyvirta)を招いて、現在40件以上にのぼる石炭火力発電所の建設によって考えられる様々な影響についてお話しします。みなさまふるってご参加下さい。

タイトル

 

 東京湾の石炭火力発電所新設による大気汚染で何が起きるか(仮称)

日時 2018年3月19日(月)15001645
会場  千葉県教育会館本館 701会議室
アクセス

JR千葉駅・・・・20分
JR本千葉駅・・・12分
京成千葉中央駅・・12分

バス (JR千葉駅東口)
2番、3番より乗車
中央4丁目にて下車 徒歩3分

http://chibaken-kaikan.or.jp/?page_id=13

趣旨

 気候ネットワーク及びグリーンピース・ジャパンは、「新規石炭火力発電所による大気環境および健康への影響」のマップのサイトを公開することとなりました。現在、全国40ヶ所以上で計画されている石炭火力発電所の計画の多くが人口過密地域に近く、健康被害の影響も大きくなる可能性が高いと指摘されています。しかし、現在の環境アセスメントでは、こうした複数の計画が一度に進んだ場合の環境影響評価が全く実施されていません。特に東京湾では、大規模石炭火力発電所の新設計画が袖ケ浦、千葉、横須賀の三ヶ所で一斉にはじまり、2020年代の半ばから稼働をはじめる予定になっており、将来の大気汚染の影響が増大することが心配されています。今回公表するマップでは、これらが稼働した場合を想定して、大気汚染の状況をわかりやすく示すこととしています。

 このたび、分析を行ったグリーンピース・インターナショナル石炭・大気汚染部門 上級国際キャンペーナーのラウリ・ミルヴィエルタ(Lauri Myllyvirta)が来日し、石炭火力発電所の新設計画が及ぼす様々な影響についてお話いたします。

参加費 無料
申込方法 お申し込みはこちらから

こちらの申込み専用ページよりお申し込みください。

主催 石炭火力を考える東京湾の会

気候ネットワーク

国際環境NGOグリーンピース・ジャパン

お問合せ
気候ネットワーク東京事務所
TEL03-3263-9210
シェアしてください!

【千葉・蘇我】環境影響評価方法書から読み解く(仮称)蘇我火力発電所建設計画書~問題点と事業者に確認すべきポイント

2018年2月発行 A4版 12p

蘇我火力発電所建設計画を考える会は、石炭火力を考える東京湾の会、NPO法人気候ネットワークと共同で、「環境影響評価方法書から読み解く(仮称)蘇我火力発電所建設計画~問題点と事業者に確認すべきポイント」を発行しました。

同計画は、中国電力㈱とJFEスチール㈱が共同出資して設立した千葉パワー㈱が、千葉市中央区のJEEスチール東日本製鉄所(千葉地区)工場跡地に、設備容量107万kWという大型石炭火力発電所を建設するというものです。建設計画地は、公害訴訟を経て環境が改善されてきた地域であり、現状でも地域住民は大気汚染に悩まされているほか、蘇我スポーツ公園に隣接するなど大きな問題を抱えています。

巨大な火力発電所を作ると、さまざまな環境影響がありますが、方法書は454頁もあり、内容も専門的で理解することが困難です。そこで、私たちは、発電所が建設されるとどのような環境への影響があるか、市民の皆さんと共に考えるため、また、皆さんが方法書に対する意見を書かれる際の参考にしていただければと考え、急ぎ本冊子を作りました。

本冊子では、私たちが特に懸念している問題に絞って取り上げています。私たちの懸念に共感される部分がありましたら、この冊子を参考にしながら意見書を書いていていただき、事業者に提出していただければ幸いです。

シェアしてください!

【千葉】蘇我の方法書が公表され、説明会が開催されます。ぜひ参加しよう!(2018/2/5)

2018年2月5日現在における(仮称)蘇我火力発電所建設計画の最新動向をまとめたPDFを掲載します。

先日公開された環境アセスメントの方法書の縦覧期間、事業者による説明会の日程、計画の概要と、方法書の解説を行う学習会の日程についてをまとめています。ぜひご覧ください。

説明会、学習会ともに、申し込みは不要です。この機会を利用して、状況を把握し、市民の意見を事業者に伝えましょう。

シェアしてください!

【千葉・蘇我】千葉市長にむけて計画中止を求める署名を集めます

蘇我石炭火力発電所計画を考える会は、千葉市長宛に、(仮称)蘇我火力発電所建設計画の中止を事業者に働き掛けることを求める署名を開始しました。提出締め切りは3月31日(土)、千葉県以外の方も署名ができます。所定の用紙をプリントアウトして署名していただき、期日までに以下の住所にお送りください。

署名用紙のPDFはこちら

提出先:蘇我石炭火力発電所計画を考える会
〒260-0013 千葉市中央区中央3-13-17

☎℡ 090-7941-7655(小西)

提出締め切り:2018年3月31日(土)

 


署名文

千葉市長 熊谷俊人様

(仮称)蘇我火力発電所建設計画の中止を事業者に働き掛けることを求める署名

 千葉市中央区川崎町1番町(JFEスチール(株)東日本製鉄所(千葉地区)構内)に石炭火力発電所(出力107万kW、事業主体は千葉パワー株式会社)の建設が計画されています。石炭火力発電所は、多量の二酸化炭素を排出するだけでなく、窒素酸化物や硫黄酸化物、さらには水銀等重金属などの大気汚染物質が排出され、海域や河川には温排水による影響も懸念されます。

建設予定地の千葉市中央区蘇我地区では、長い間製鉄所からの大気汚染物質により喘息(ぜんそく)などの健康被害で多くの市民が苦しんできており、1975年、「子どもたちに青空を」求めて地域住民と市民が提訴した「あおぞら裁判」は、いまだ市民の記憶にも鮮明に残っています。

現在でもばいじんや粉じんによる被害が千葉市役所や事業者への苦情となっており、郊外は解決されておりません。さらに環境負荷の大きい石炭火力発電所が建設されることは地域住民にとって到底受け入れられるものではありません。

地球温暖化防止の視点からも、また市民の健康を守るためにも、石炭火力発電所の建設計画の中止を事業者に働きかけるよう強く求めます。

シェアしてください!

【蘇我】環境アセス方法書への意見募集と説明会開催日程が決まりました

(仮称)蘇我火力発電所建設計画の環境影響評価方法書が1月22日から公開され、3月8日まで縦覧と意見募集が行われます。また、2月7日、9日、10日には、事業者説明会が開催されることになっています。ぜひ、たくさんの意見を出し、説明会にも参加して事業者に疑問を投げかけましょう。

<事業者サイト>
http://www.chiba-power.co.jp/

<環境アセスメント>
http://www.chiba-power.co.jp/ecology/soga_assessment_houhousyo.htmlhttp://www.jera.co.jp/information/20180118_204.html
【2018年1月22日~3月8日まで縦覧期間】

<説明会>

蘇我コミュニティセンター 多目的ホール 2018年2月7日(水)18:00~20:00 千葉県千葉市中央区今井1丁目14-43
市原市市民会館
小ホール
2018年2月9日(金)18:00~20:00 千葉県市原市惣社1丁目1番地1
みやざき倶楽部
ミューズホール
2018年2月10日(土)14:00~16:00 千葉県千葉市中央区宮崎1-15

参考

 

シェアしてください!

蘇我の石炭火力発電所計画のパンフレットができました!

蘇我の石炭火力発電所計画のパンフレットができました。

千葉市が蘇我エコロジーパークとして環境産業の創出を目指してきた地域にある石炭火力発電所計画。既に住民の多くは大気汚染に悩まされていますが、それを加速するような計画がすすめられています。


問題1

近隣住民への健康被害

半径5km圏内には、学校やスポーツ状などの公共施設が立地。石炭火力発電所が排出する大気汚染物質による地域住民への影響は無視することはできません。

 

問題2

気候変動の加速

石炭は燃やすと、化石燃料の中でも一番多くのCO2を排出し、その排出量はLNGの約2倍。地球温暖化の原因となり、異常気象や集中豪雨・干ばつなど気候変動を加速します。

 

問題3

公害問題再熱の可能性

建設予定地は川崎製鉄所(当時)との公害訴状を経て環境が改善されてきた地域です。その地域で、複合汚染によって公害問題が再熱化することが懸念されます。

 


 

この問題が、一人でも多くの方に伝わるよう、ぜひこのパンフレットをご活用ください。

本チラシを配付用にまとめてご希望の方は、題名に「蘇我パンフレット希望」と書いてこちらにご連絡ください。

 

蘇我パンフレットPDF

 

シェアしてください!

千葉パワーに申入れ

7月12日に千葉パワーに電話後、石炭火力新設計画に関する申入れ、そして懇談会開催の申し入れをFAXしました。検討の上、回答するとのことでした。以下に申入れ文書を掲載します。

“千葉パワーに申入れ” の続きを読む

シェアしてください!