【蘇我】千葉市の大気環境と蘇我石炭火力発電所建設環境アセス ~地域からの見解~

蘇我石炭火力発電所建設を考える会では、2017年11月下旬から、2018年1月下旬にかけ、千葉市中央区臨海部を中心とした千葉市全般に対し、現在の粉じん被害状況について20,000世帯を対象にアンケートを実施しました。2月28日の時点で335世帯の皆様から、回答やご意見を頂きました。下記にアンケート結果をご報告いたします。また、環境アセスメントのあり方について、中央区臨海部に住む考える会メンバーの意見を掲載しています。

アンケート集計結果

 

お答えいただいた335世帯のうち、さらに189世帯から意見を頂戴しました。その一部を抜粋したものを以下に掲載いたします。

 

アンケートご意見

  • 近隣には病院も多数あります。私も小児喘息で苦しんでいました。子供のこもった咳がきになります。計画は絶対反対です。
  • 事業者の健康被害を考えていない態度に腹立たしさを覚えました。
  • スポーツ公園・フードセンターが隣接するJFE敷地内に石炭火力・・・は、住民を無視した蛮勇だ!!化石燃料による発電は必要ない。
  • これから先ずっと子供や孫たちが安心してくらせる地域であることを望みます。
  • テラスの表面が黒く汚れ高圧洗浄機で洗ってもデッキブラシで洗っても汚れが落ちなくなっている。物干竿は毎日ふいても雑巾が炭のように黒くなる。部屋の中もザラつく。
  • 最も環境負荷が高いと世界中からひんしゅくを買っている石炭火力発電を計画している会社のモラルを問いたい。
  • 洗濯物が汚れると思い、いつも外に干していない。ベランダを拭くと真っ黒になるので。
  • 千葉に引越してから喘息になりました。娘が2歳の時で今は7歳ですが、毎日薬をのんでいます。こんなのおかしいと思います。
  • すごい粉じんで家の中がざらざらで、お風呂上りに足が黒くなり大変困っています。
  • 県外から引越して来たが、あまりにも粉じんがひどく驚いた。掃除機やダスターや空気清浄機が粉じんですぐに黒くなる。臭いもひどい。工場は危機意識をもつべきである。
  • 千葉みなと地区に引越してきて7年が過ぎましたが、マンションのベランダや室内が黒いすすで汚れ、環境への不安があります。他の住民も同じように感じています。
  • 容易に引越しができるなら千葉市から出たい。行政がなにもしないなら住民税を支払いたくない。なんとかして欲しい。

環境アセスについて(中央区臨海部住民より)

 以上がアンケート集計とご意見の抜粋ですが、生活者の切実な現状を知り心が痛めております。今でも、私たちの日常暮らしの中で耐えがたい汚れとなり、特に喘息や気管支炎などの気管支系疾患等の苦しみを、多くの住民(特にお子様)に被害をもたらしております。その多くの原因は、JFEスチール㈱によるものではと考えられます。

 今般、そのJFEスチール敷地内に中国電力と共同出資で設立された千葉パワー㈱「石炭火力発電所建設計画」に対する環境アセスが進められております。私たち千葉市住民、特に中央区臨海部の住民は、今でも黒い粉じん被害があり、健康被害や悪臭で苦しんでいるにもかかわらず、年間260万トンの膨大な石炭を原料とする石炭火力発電所の建設は、到底受け入れられるものではありません。

 しかも断じて許せないのが、環境アセスの中で「石炭粉じん」が環境影響評価項目から見事に外されていたことです。理由は260万トンの石炭の荷受け作業はすべて別会社のJFEスチール㈱が行い、密封式の揚炭機で密封式のベルトコンベアで、千葉パワー㈱の密閉式の貯炭庫に収めるので一切の石炭粉じんは発生しない。しかも別会社の作業なので千葉パワー㈱の環境アセス対象から外した、との常識的には考えられない詭弁を堂々と主張しております。勿論、JFEからも一切、石炭荷受けに関する説明もありません。千葉市臨海部は毎年初春から風速10メートル以上の南風が頻繁に吹き付けます。どんなに密閉式といっても完ぺきに石炭粉じんの飛散防止は100%不可能だと断じても間違いではないと確信します。

 さらに、環境アセス方法書で義務付けられた説明会以前に、最も建設予定地に隣接する周辺住民や自治会に対し、個別に説明会を行い、その場では質疑応答も自由に発言させ住民の不満を事前に解消しております。その後、法的説明会として隣接地住民以外を対象に開催し、質疑応答も自由ではなく、書面提出をさせ一方的な回答のみ行い、その回答に対する質疑応答にも一切応じておりません。書面提出に対し会場から多くの方から厳しく苦情が出されましたが、事業者側は「意見書は書面で提出して頂くことが、方法書プロセスでは法的に規定されており、皆様の意見は方法書の意見として正式に反映させて頂きます。」と受入れる気配もなく、極めて傲慢な議事進行がなされました。参加者として、「それでは建設隣接地に住民に行った事前説明会での苦情や意見は書面提出されておらず、方法書意見とはならないではないか!フェアなやり方ではない!」と攻めよったが、我関せずで、無視されました。ひどい環境アセスの在り方でした。

千葉市環境審査会や千葉県環境審議会も、「現在住民が苦しんでいる粉じん問題の原因になっている石炭粉じんについては、完全に外された方法書」の審査を行っているのが現状です。同時に、「方法書手続きにも、意見徴収の不公正な手法という大きな問題がある。」にも関わらず平然と審査を進めております。このようないい加減な環境アセスが当然のようにまかり通る現在の政治や行政の在り方、断じて見過ごさない国民の皆様の良識に期待したいと切に願っております。

余談ですが、今回の千葉パワー㈱や親会社である中国電力㈱及びJFEスチール㈱は、森友問題、加計問題、行政の改ざん行為や隠ぺい問題では、明らかな状況証拠があるにもかかわらず、平然と嘘をつき、隠ぺいし、自分たちの利益だけを通そうとする政治家や官僚の体質と同じだと憤りを感じています。

私は、毎日、「きれいな空、きれいな空気」にあこがれて、質素な生活を過ごしております

考える会では引き続きアンケート調査を実施していく予定です。

シェアしてください!

新サイト「石炭汚染マップ」を公開~東京湾地域への影響は?~

3月の19日に千葉にて、21日には横須賀  久里浜にて、セミナー「東京湾の石炭火力発電所新設による大気汚染で何が起きるか」を開催いたしました。どちらも申込み人数より多くの方が参加してくださいました。

 

今回のセミナーは、国際環境NGOグリーンピース・ジャパンと特定非営利活動法人気候ネットワークが3月19日に発表した、日本の石炭火力発電所から排出される大気汚染物質の拡散を示すシミュレーションマップ石炭汚染マップを公開をうけての開催でした。同マップでは、現在日本各地で建設が計画されている石炭火力発電所40基以上が稼働した場合、追加的に発生する大気汚染の状況を視覚的に示しており、発電所建設地の近隣住民の方などが、周辺におよぶ汚染状況を確認することができます。

 

本サイトは、現在把握できている建設予定の石炭火力発電所の情報、現在入手可能な各種データベース(地形・気象データ等)、大気汚染データ(国立環境研究所 より2014年の県別データを入手)を用いて行ったシミュレーション結果を表示しています。日本全国の計画はもちろん、東京湾一帯で計画されている石炭火力発電所が建設された場合、どのような大気汚染が予想されるかも確認することができます。

以下の図は、東京湾一帯の計画(蘇我、袖ケ浦二基、横須賀二基)がすべて稼動した場合のPM2.5の、4月の汚染予測をしめしています。PM2.5は、花粉も小さい粒子のため、マスクを簡単に通り抜けてしまいます。そのまま肺にとどき、血流にのることができてしまうため、大きなリスクとなります(PM2.5についての詳しい情報はこちら)。

図のオレンジ色が濃いほど大気中の濃度が高いことを意味します。そのほかにも、主要な汚染物質NO2とSO2の予測も確認することができます。(詳しい数値はこちらを参照下さい。)また、1年間の汚染予測を月ごとに追って確認できるようにもなっています。目でみて影響がわかるというこのマップの特徴を活かして、多くの方にこの現状を伝え関心を持ってもらうことがねらいです。みなさまもぜひこの情報を拡散してください。

 

 

 

<ウェブサイト>

石炭汚染マップ・・・石炭火力発電所から排出される大気汚染物質の拡散を示すシミュレーションマップ。

<こちらもあわせて>

石炭発電所ウォッチ・・・2016年以降に計画されている石炭火力発電所の詳しい情報がみられます。

<お問合せ>

国際環境NGOグリーンピース・ジャパン
広報担当 城野千里 TEL:080-6558-4446 E-mail:chisato.jono@greenpeace.org
〒160-0023 東京都新宿区西新宿8-13-11 NFビル2F TEL:03-5338-9800

気候ネットワーク東京事務所
TEL:03-3263-9210、FAX:03-3263-9463、E-mail:tokyo@kikonet.org
〒102-0082 東京都千代田区一番町9-7一番町村上ビル6F

シェアしてください!

【千葉・蘇我】蘇我1~5丁目対象の事業者説明会を開催

7月2日(日)、千葉パワー株式会社による(仮称)蘇我火力発電所計画についての説明会が千葉市内のJFEみやざき倶楽部にて行われました。この説明会は、対象を計画予定地から1km圏内にある蘇我1~5丁目の住民に限定して行われたものですが、日曜日の午前中にもかかわらず50人以上の参加がありました。
参加された蘇我地域の方から説明会の詳細なご報告を受けましたので、こちらに掲載いたします。*文中の敬称は省略します “【千葉・蘇我】蘇我1~5丁目対象の事業者説明会を開催” の続きを読む

シェアしてください!

【千葉・蘇我】JFEスチールさん、まずは現状の改善を!!

現在、中国電力とJFEスチールが千葉県千葉市に(仮称)蘇我火力発電所を計画していますが、住民たちは強い懸念を示しています。それは、今も大気汚染がひどく、洗濯物は外に干すこともできず、日によっては臭いが酷くて窓を開けることすらできないためです。その原因は、石炭火力発電所の計画地よりもさらに海側にあるJFEスチール東日本製鉄所に野積みされた石炭やコークス炉などから出る粉塵などが原因ではないかと考えられています。 “【千葉・蘇我】JFEスチールさん、まずは現状の改善を!!” の続きを読む

シェアしてください!

千葉市内のアンケートで99%の住民が石炭火力発電所建設反対

蘇我石炭火力発電所計画を考える会では、2017年5月1日から6月9日の期間で、蘇我の石炭火力発電所計画に関して、千葉市内300名を対象にした大気の汚れに関するアンケート調査を行いました。今すでに空気の汚れが気になっている住民の数がいかに多いか、その実情がよくわかる結果となっています。

アンケート結果

空気の汚れが「気になる」と回答したのは、全体の7割以上で222人。「気にならない」という人は53人、全体の約17%にとどまりました。

蘇我に石炭火力発電所の建設計画があるということを知っているかどうかという質問には、半数以上が「知らない」と回答しました。この結果から、近隣住民への説明が不十分であることがわかります。

千葉市内にこれ以上の火力発電所が必要かどうかという質問には、96%の人が「必要ない」と答えています。

以上の質問を踏まえて、蘇我に石炭火力発電所ができることについての是非を尋ねた結果、99%が「反対】と答えました。

 

住民からの意見

調査の際に寄せられた意見の中には、

  • 子どもの健康が気がかり
  • 風向きによりとにかく臭うので、洗濯物を干すのをためらう
  • 中央区問屋町で清掃の仕事をしている。雑巾がべたべたでバケツの水が黒く砂鉄の様な物が底に残る。
  • ベランダが真っ黒、鉢物の葉に積もるほど。
  • 窓の隙間から黒い粉が入る。
  • 窓を開けるとすぐに家の中が黒くザラザラになる。
  • 掃除をしても1日でベランダや窓・網戸など黒い粒子が付着して真っ黒に汚れる。
  • 車庫に屋根があるのに白い車が真っ黒になる。
  • (石炭火力発電所の)計画があるのなら、きちんとした説明が欲しい
  • 千葉市の中心部、住宅の近くで火力発電所の新設は論外です。
  • 現状でも煙や汚れが気になるのにこれ以上無理。
  • 蘇我地域にこれ以上負担をかけるべきではない。川鉄公害の記憶は消してはならない。 

    などがありました。蘇我における石炭火力発電所の計画について、十分な説明がなされていないこと、そして住民はその実態に憤りを感じていることが明らかになったアンケート調査でした。現在でも、既に生活の中で汚染の影響を感じているのに加えて、新たな、しかもあらゆる発電方法の中でも軍を抜いて環境に悪影響な石炭火力発電所が建設されることに、99%の市民がNOを突きつけています。

ぜひ事業者にはこの結果を真摯に受け止めて、計画中止の英断をしていただきたいものです。

シェアしてください!

2017年5月16日東京湾の石炭火力新設計画に関する申し入れ

本日5月16日、石炭火力を考える東京湾の会では以下の環境省への申入れを行いました。

東京湾の石炭火力新設計画に関する申し入れ

環境大臣 山本 公一さま

東京湾の石炭火力新設計画に関する申し入れ

2017年5月16日
石炭火力を考える東京湾の会 共同代表
鈴木陸郎、小西由希子、富樫孝夫、永野勇

拝啓 貴職におかれましては、環境の保全を推進し、国民の健康で文化的な生活の確保の実現に向けご尽力を頂き感謝申し上げます。

さて、2016年12月東京湾岸沿いの石炭火力発電所新設計画(袖ケ浦市に100万kWが2基、市原市に100万kWが1基、千葉市に107万kWが1基、横須賀市に65万kWが2基)が発表されましたが、私たちは「今なぜ石炭火力発電なのか?、東京湾岸に新たな発電設備は必要なのか?」、という素朴な疑問がわきました。 “2017年5月16日東京湾の石炭火力新設計画に関する申し入れ” の続きを読む

シェアしてください!

「石炭火力発電所建設を考える女性の集い(袖ヶ浦)」へのお誘い

子どもたちを守りたい!袖ケ浦の緑を・海を・大気を汚染から守りたい!

石炭火力発電所建設の計画が進んでいます。7月には環境アセスメント最終段階の「環境影響評価準備書」が完成する予定です。ここだけではありません。袖ケ浦には100万kw 2基、蘇我と千種海岸に1基ずつ計4本の巨大な煙突が建ち、1基年間320万トンの石炭を燃やし排煙を噴き出します。(市原の場合経産省審査書掲載)

私たちは、「熱源である石炭を変えてほしい」と願います。その理由や、石炭火力の場合どのようなことが心配されるのか・・そんなことを、子どもの命を守り育てる女性の立場から考えてみたいと思うのです。気楽なご参加を・・お誘いです。

日時:2017年3月18日(土)午後2時~4時

会場:袖ケ浦市民会館2F「市民フリールーム」

講師:平田 仁子さん(NPO法人気候ネットワーク)

演題:私たちや子どもたちにどんな影響があるの?袖ヶ浦に建設予定の石炭火力発電所

  • PM2.5??何のこと?
  • なんで石炭が悪くて、ガスならいいの?原発なら知っているけど
  • パリ協定って何のこと?
  • 地球温暖化でどうなるんでしょう
  • 海水温が上がっているんだって・・
  • 海苔も全滅???
  • これからどうなるんでしょう?

平田さんは、なぜ石炭火力が問題になっているのかということを豊富な資料を使ってやさしく、わかりやすく話してくださいます。そしてきっと「私たちはどうしなければならないのか」を考えさせてくれるでしょう。「目からうろこが落ちたようね・・」というのが参加者の感想です。

連絡先:葛原朋子(63-1449) かわかみひろし(62-2016)

シェアしてください!

皆で考えよう!東京湾の石炭火力新設計画(市原)

えっ 6基もの石炭火力発電所が東京湾岸沿いに出来るんですか?

天然ガス火力発電所の2倍の炭酸ガスを排出する石炭火力発電所を日本全国に48基、2280万Kwも作ったら、さらに厳しい気候変動現象が起こるとは思いませんか?

食糧生産自給率39%の日本! 気候変動で世界の食料生産が減ったら輸入できなくなりませんか?

1993年の東北の冷害でのコメ不足。高温と干ばつによる不作のためロシアが2010年8月15日小麦の輸出を停止し、小麦先物相場が急上昇したニュースを記憶していますか?

多くの皆さま方の参加を、お願い致します。

スピーチ:25石炭火力発電 何が問題?

大気汚染・健康被害・地球温暖化の影響
気候ネットワーク 平田 仁子さん

東京湾における温排水の影響
袖ヶ浦市民が望む政策研究会からの報告

 

主催:東京湾の石炭火力発電所建設を考える会

協賛:石炭火力を考える市原の会、袖ヶ浦市民が望む政策研究会、気候ネットワーク、国際環境NGO FoE Japan、e-Shift

連絡先:TEL 090-2553-2587 Eメール:i_nagano@dreamcar.co.jp (永野)

日時:2月25日(土曜)13:30~16:00(13:00受付)

場所:市原市青少年会館

電話:0436-43-3651  参加費:無料

シェアしてください!

東京新聞に市原と袖ヶ浦の石炭問題がとりあげられました

石炭の問題が東京新聞で取り上げられました!

東京新聞 2016年7月1日

<参院選>市原、袖ケ浦で石炭火力発電計画 東京の犠牲もうゴメン

http://www.tokyo-np.co.jp/article/chiba/list/201607/CK2016070102000173.html

シェアしてください!

石炭火力発電所建設について考える集い 袖ヶ浦

二酸化炭素・地球温暖化の問題もあるけれど、地元には法人市民税も入るし、昔のような公害もないと聞くけれどどうなのだろう?

環境省の反対もありましたが、袖ケ浦市での石炭火力発電所建設は、具体的日程の中に入り、すでに環境アセスメントも第3段階の「意見概要・見解とりまとめ」の段階に入っています。地球温暖化問題での画期的ともいわれる「パリ協定」では、法的拘束性を持つ協定内容を作り上げています。

国際的には、石炭火力は過去の遺物として扱われようとしているときに、まったく逆の方向に歩みだすことに、心が痛まないのか・・安倍現政権・電力企業の判断に首をかしげざるを得ません。

袖ケ浦市としては、法人税の増収という甘い餌が目の前にあります。一方、3本の煙突が立ち並び(東電と並んで立つ)、そこから排出される排煙や、東京湾に注がれる高温水による海水汚染等、リスクも決して少ないものではありません。

これらのことを一度考えてみたい。

そういう声にこたえて、「NPO法人・気候ネットワーク」の協力も得て、下記の集いを開催いたします。心ある方々の参集を呼びかけます。おおいに疑問をぶつけあい、考えあいましょう!

 

日時

2016年5月22日(日) 午後2時~4時

会場

袖ケ浦市市民会館2Fフリールーム   参加費無料

講演

「パリ協定と石炭火力発電所(仮称)」
平田仁子(気候ネットワーク・理事)

石炭火力発電所による健康影響(仮称)
ラウリ・ミルヴィエルタ (グリーンピース・インターナショナル)

主催

袖ケ浦市民が望む政策研究会

連絡先

会長:関 巌

事務局:かわかみひろし  電話 0438-60-2610

共催

認定NPO法人・気候ネットワーク

国際環境NGO グリーンピース・ジャパン

 

シェアしてください!