【袖ケ浦】出光石炭研究所の前で建設反対を猛アピール

9月7日、一般財団法人石炭エネルギーセンター等の石炭火力に関連する業界団体等で毎年開催している「クリーンコールデー国際会議」。2017年は開催2日目の国際会議サイトツアーで、出光興産の袖ケ浦バルクターミナル、石炭研究所を訪れるというので、そのタイミングに合わせ、袖ケ浦石炭火力発電所の建設に反対する有志約50名が集い、地元住民等が反対していることをアピールしました。

サイトツアー参加者が訪れる予定時刻10時30分を前に、まず、出光の関係者に向けて、「石炭、反対!」、「環境汚染、反対!」「空気を汚すな!」等の抗議の声を届けます。門の前では出光の社員と思われる方が、不安げ?にこちらの様子を伺っていました。バスが到着すると、バスの中からはツアー参加者の人たちがこちらのデモの様子を覗き込んで見ていました。石炭が、地元住民から歓迎されていないという空気は十分に伝わったのではないでしょうか。

袖ケ浦の石炭火力発電所建設計画は、東京ガス、出光興産、九州電力の3分の1ずつの出資によって事業が進められているものです。今も光化学スモッグが絶えない袖ケ浦にこれ以上火力発電所の建設は住民にとって大迷惑です。30分ほど出光前でのアクションを行った後、1km先の東京ガスLNG基地前にも行って、石炭火力発電所建設反対のアピールを行いました。今回、参加者には学生など若者や子どもを持つ母親たちも参加してくれました。このアクションの輪はこれからますます広がっていくでしょう。

袖ケ浦市民が望む政策研究会のHPでも紹介しました。ぜひご覧ください。

シェアしてください!

横須賀石炭火力計画の現地見学と学習・交流会

横須賀石炭火力計画の現地見学と学習・交流会
現在、東京電力・中部電力の合弁会社JERAが、65.0万kWを2基つくる計画で石炭火力建設を計画しています。現在、旧施設の解体工事中で同時に環境アセスメント実施中(方法書が終わり、次に準備書が出される見込み)。地元の人たちがほとんど知らない中で計画が着々と進んでいます。現地を見学して、学習会でどんな計画か学んでみませんか?

日時 2017年9月16日(土) 13:00~17:30
集合 13:00 京急久里浜駅改札口
予定 ◆現地見学
JERAの石炭火力発電所建設予定地の門前と周辺、工場全体が見える高台の場所、核燃料工場
◆学習・交流会 15:30~17:30
場所:久里浜行政センター 第2会議室
◇電力自由化で変わったこと、市民の選択…
吉田明子(FoE Japan/パワーシフト・キャンペーン)
◇「石炭火力を考える東京湾の会」の報
鈴木陸郎( 横須賀石炭火力発電所建設について考える会)◇質疑と意見交流
申込・お問合せ先 鈴木(046-847-3253)
※見学の車手配のため、9月12日までに必ずお申込みください。15:30からの学習・交流会は当日参加可能です。
主催 横須賀石炭火力発電所建設について考える会
 参加費 現場見学…無料
学習・交流会…500円
 
シェアしてください!

講演会「パワーシフト!自然エネルギーを重視する電力会社を選ぼう」

講演会「パワーシフト!自然エネルギーを重視する電力会社を選ぼう」

蘇我石炭火力発電所計画を考える会などが主催するイベントです。ぜひご参加ください。 “講演会「パワーシフト!自然エネルギーを重視する電力会社を選ぼう」” の続きを読む

シェアしてください!

環境省担当課との懇談(2016年5月16日)

5月16日、東京湾の会では、4代表がそろって環境大臣への申入れを行いました。

環境省前での撮影

申入れにあたっては、石炭火力発電所について関連する部署「総合政策局 環境影響評価課 環境影響審査室」と「地球環境局 総務課 地球温暖化対策制度企画室」のそれぞれの室長ら6人の職員の方に対応いただき、45分間の意見交換を行いました。

はじめに、東京湾の会から、東京湾岸に集中して建設が計画されている石炭火力発電所による地球温暖化への影響、地域住民への健康影響などの観点から計画の中止を訴えていること、そして環境大臣からも関係各所に働きかけていただくよう要請しました。そして、各地域の代表からそれぞれの地域での懸念事項について以下のような形で申入れを行いました。

東京湾の石炭火力新設計画に関する申し入れ
【千葉】(仮称)蘇我火力発電所建設計画に関する申し入れ
【袖ケ浦】温排水の影響などに対する意見
【横須賀】横須賀の石炭火力へのリプレイス問題
【市原】2017年5月16日「石炭火力を考える市原の会」の意見

環境省からは、環境影響評価課(アセス課)大井室長からコメントがあり、石炭火力発電所の新設には住民の皆様と同じ懸念を持っているとの表明がありました。そして、「温室効果ガス以外の問題についても今日はあらためてわかった。直近では蘇我火力発電所の配慮書に対して環境大臣意見を公表しているが、気候変動への影響やその他の環境影響以外にも、石炭の事業リスクについても強調した」ことが紹介され、今後も環境大臣意見としては厳しく指摘していき、また自治体意見においても住民からしっかり意見を出してもらうことは重要だとの見解が示されました。

そのコメントを受けて、東京湾の会から参加した千葉のメンバーは、事業者が環境大臣の意見をきちんと受け止めていないという実情を訴えました。
地域の自治会から中国電力やJFEに直接対話をしたところ、、今回の環境大臣意見に対して「環境大臣はああ言ったが、大元のエネルギー基本計画で石炭26%と認めているので事業を進めることは問題がないのだ」という見解を示したことが伝えられました。

地球温暖化対策制度企画室成田室長は、これに対して事業者が政府の見解をねじまげて解釈していると述べられました。今、全国的に急増した石炭火力発電所建設計画が全部稼働すると2030年温室効果ガス削減目標(26%削減)を大幅に超過すると指摘し、政府はエネルギー基本計画で石炭を認めているわけではなく、蘇我に対する意見書についても事業者は自分たちに都合のよいように解釈しているのではないかということでした。現在の立場から、一定の石炭火力発電所の新規計画は残るのはやむを得ないが、計画全部が残るのは問題であるとし、今後も電力事業者の取り組みをしっかりレビューしていくとおっしゃいました。

環境省が石炭火力発電所の新設計画に対して非常に大きな懸念を持っていうことがひしひしと伝わる会談でした。

環境省への申入れ後の記者会見(2017年5月16日)

 

シェアしてください!

「横須賀石炭火力発電所建設について考える会」の発足集会を開催します

「横須賀石炭火力発電所建設について考える会」の発足集会

日時 2017年4月8日(土) 14:00~16:00
場所 久里浜行政センター 第1・2会議室
アクセス 京急久里浜駅から徒歩10分

JR久里浜駅から徒歩13分

趣旨 長期停止中の横須賀火力発電所を石炭で再開する建設計画。いま環境アセスメント手続きがどんどんすすめられています。県審査会では、「住民説明が不十分」など厳しい意見もだされています。3月22日には事業者の「方法書」に対する知事意見が提出される予定です。建設工事に先立ち解体工事も始まります。急いでこの計画を住民に知らせ、市や県に住民の声を伝えることが大切になっています。

私たちは1月24日の学習会、2月15日の相談会を経ていよいよ「横須賀火力発電所建設について考える会」(仮称)を立ち上げることにしました。

多くのみなさんの参加をお願いします。

プログラム パリ協定発効!世界の流れは脱炭素。
なぜ日本では石炭火力発電所の増設か
講師 平田 仁子(気候ネットワーク 理事)
参加費 500円
申込方法 事前申込不要。★どなたでも参加できます。
主催 「横須賀火力発電所建設について考える会」準備会
お問合せ先 相良 順子(TEL 090-1691-7334)
シェアしてください!

稲毛の空にも?「なぜ石炭火力発電所なのか」学習会を開催します(千葉)

千葉市に計画されている石炭火力発電所建設計画について考える学習会が開催されました。

日時 2017年3月17日(金) 13:30~15:30
会場 穴川コミュニティセンター 1階 集会室
アクセス JR総武線・総武快速線 稲毛駅下車 徒歩約20分

千葉都市モノレール 穴川駅下車 徒歩5分

趣旨  JFEスチール㈱東日本製鉄所構内に、石炭火力発電所((仮称)蘇我火力発電所)建設計画が持ち上がり、環境への影響が大変心配されています。

煙突から出てきたものは、その後、どこえゆきどうなるのでしょうか。稲毛の空にも、煙突から出るガスや、汚染物質が、風向きによって飛んでくるかもしれません。石炭の燃焼によって水銀等有害な重金属も排出されますし、温排水の影響も不安です。

稲毛地区でも、他人事ではありません。

これまで環境を守る活動を続けてこられた小西由希子さんを講師にお呼びし、わかりやすく、詳しくお話いただきます。

是非、多くの皆様にお越しくださいますよう、お誘い合わせのうえご参加ください。

チラシはこちら

プログラム

蘇我地区に石炭火力発電所計画!
稲毛の空にも?本当に大丈夫?

小西 由希子 「(仮称)蘇我火力発電所」を考える会

環境省環境カウンセラー

参加費 無料
申込方法 電話またはメールでお申込みください。

TEL:080-5883-5801 (平日10:00~16:00)

E-mail:inage@chibanet.jp

主催 市民ネットワークいなげ
協力 気候ネットワーク
お問合せ先 市民ネットワークいなげ事務局

TEL:080-5883-5801 (平日10:00~16:00)

E-mail:inage@chibanet.jp

シェアしてください!

「石炭火力発電所建設を考える女性の集い(袖ヶ浦)」へのお誘い

子どもたちを守りたい!袖ケ浦の緑を・海を・大気を汚染から守りたい!

石炭火力発電所建設の計画が進んでいます。7月には環境アセスメント最終段階の「環境影響評価準備書」が完成する予定です。ここだけではありません。袖ケ浦には100万kw 2基、蘇我と千種海岸に1基ずつ計4本の巨大な煙突が建ち、1基年間320万トンの石炭を燃やし排煙を噴き出します。(市原の場合経産省審査書掲載)

私たちは、「熱源である石炭を変えてほしい」と願います。その理由や、石炭火力の場合どのようなことが心配されるのか・・そんなことを、子どもの命を守り育てる女性の立場から考えてみたいと思うのです。気楽なご参加を・・お誘いです。

日時:2017年3月18日(土)午後2時~4時

会場:袖ケ浦市民会館2F「市民フリールーム」

講師:平田 仁子さん(NPO法人気候ネットワーク)

演題:私たちや子どもたちにどんな影響があるの?袖ヶ浦に建設予定の石炭火力発電所

  • PM2.5??何のこと?
  • なんで石炭が悪くて、ガスならいいの?原発なら知っているけど
  • パリ協定って何のこと?
  • 地球温暖化でどうなるんでしょう
  • 海水温が上がっているんだって・・
  • 海苔も全滅???
  • これからどうなるんでしょう?

平田さんは、なぜ石炭火力が問題になっているのかということを豊富な資料を使ってやさしく、わかりやすく話してくださいます。そしてきっと「私たちはどうしなければならないのか」を考えさせてくれるでしょう。「目からうろこが落ちたようね・・」というのが参加者の感想です。

連絡先:葛原朋子(63-1449) かわかみひろし(62-2016)

シェアしてください!

皆で考えよう!東京湾の石炭火力新設計画(市原)

えっ 6基もの石炭火力発電所が東京湾岸沿いに出来るんですか?

天然ガス火力発電所の2倍の炭酸ガスを排出する石炭火力発電所を日本全国に48基、2280万Kwも作ったら、さらに厳しい気候変動現象が起こるとは思いませんか?

食糧生産自給率39%の日本! 気候変動で世界の食料生産が減ったら輸入できなくなりませんか?

1993年の東北の冷害でのコメ不足。高温と干ばつによる不作のためロシアが2010年8月15日小麦の輸出を停止し、小麦先物相場が急上昇したニュースを記憶していますか?

多くの皆さま方の参加を、お願い致します。

スピーチ:25石炭火力発電 何が問題?

大気汚染・健康被害・地球温暖化の影響
気候ネットワーク 平田 仁子さん

東京湾における温排水の影響
袖ヶ浦市民が望む政策研究会からの報告

 

主催:東京湾の石炭火力発電所建設を考える会

協賛:石炭火力を考える市原の会、袖ヶ浦市民が望む政策研究会、気候ネットワーク、国際環境NGO FoE Japan、e-Shift

連絡先:TEL 090-2553-2587 Eメール:i_nagano@dreamcar.co.jp (永野)

日時:2月25日(土曜)13:30~16:00(13:00受付)

場所:市原市青少年会館

電話:0436-43-3651  参加費:無料

シェアしてください!

石炭火力発電所建設について考える集い 袖ヶ浦

二酸化炭素・地球温暖化の問題もあるけれど、地元には法人市民税も入るし、昔のような公害もないと聞くけれどどうなのだろう?

環境省の反対もありましたが、袖ケ浦市での石炭火力発電所建設は、具体的日程の中に入り、すでに環境アセスメントも第3段階の「意見概要・見解とりまとめ」の段階に入っています。地球温暖化問題での画期的ともいわれる「パリ協定」では、法的拘束性を持つ協定内容を作り上げています。

国際的には、石炭火力は過去の遺物として扱われようとしているときに、まったく逆の方向に歩みだすことに、心が痛まないのか・・安倍現政権・電力企業の判断に首をかしげざるを得ません。

袖ケ浦市としては、法人税の増収という甘い餌が目の前にあります。一方、3本の煙突が立ち並び(東電と並んで立つ)、そこから排出される排煙や、東京湾に注がれる高温水による海水汚染等、リスクも決して少ないものではありません。

これらのことを一度考えてみたい。

そういう声にこたえて、「NPO法人・気候ネットワーク」の協力も得て、下記の集いを開催いたします。心ある方々の参集を呼びかけます。おおいに疑問をぶつけあい、考えあいましょう!

 

日時

2016年5月22日(日) 午後2時~4時

会場

袖ケ浦市市民会館2Fフリールーム   参加費無料

講演

「パリ協定と石炭火力発電所(仮称)」
平田仁子(気候ネットワーク・理事)

石炭火力発電所による健康影響(仮称)
ラウリ・ミルヴィエルタ (グリーンピース・インターナショナル)

主催

袖ケ浦市民が望む政策研究会

連絡先

会長:関 巌

事務局:かわかみひろし  電話 0438-60-2610

共催

認定NPO法人・気候ネットワーク

国際環境NGO グリーンピース・ジャパン

 

シェアしてください!