東京ガスへハガキを出そう!~石炭からの撤退を促すためのハガキアクションを実施中です

東京湾の会では、(仮称)千葉袖ヶ浦火力発電所の出資企業の一つであり、新社長就任以降この計画に対して慎重な姿勢を見せている東京ガスに対して、計画を中止するように求めるはハガキを書いて送るアクションを実施中です。

PDFはこちら

 

 

一通でも多くのはがきを投函して、内田社長にわたしたちの声を届けましょう。

はがきは画像をクリックして表示されるPDFから印刷し、コメントを添え、62円切手を貼ってご投函下さい。

 

 

 

 

シェアしてください!

千葉セミナー「東京湾の石炭火力発電所新設による大気汚染で何が起きるか(仮称)」

19日に、千葉県教育会館にて、セミナー「東京湾の石炭火力発電所新設による大気汚染で何が起きるか(仮称)」を開催いたします。グリーンピース・インターナショナル石炭・大気汚染部門 上級国際キャンペーナーのラウリ・ミルヴィエルタ(Lauri Myllyvirta)を招いて、現在40件以上にのぼる石炭火力発電所の建設によって考えられる様々な影響についてお話しします。みなさまふるってご参加下さい。

タイトル

 

 東京湾の石炭火力発電所新設による大気汚染で何が起きるか(仮称)

日時 2018年3月19日(月)15001645
会場  千葉県教育会館本館 701会議室
アクセス

JR千葉駅・・・・20分
JR本千葉駅・・・12分
京成千葉中央駅・・12分

バス (JR千葉駅東口)
2番、3番より乗車
中央4丁目にて下車 徒歩3分

http://chibaken-kaikan.or.jp/?page_id=13

趣旨

 気候ネットワーク及びグリーンピース・ジャパンは、「新規石炭火力発電所による大気環境および健康への影響」のマップのサイトを公開することとなりました。現在、全国40ヶ所以上で計画されている石炭火力発電所の計画の多くが人口過密地域に近く、健康被害の影響も大きくなる可能性が高いと指摘されています。しかし、現在の環境アセスメントでは、こうした複数の計画が一度に進んだ場合の環境影響評価が全く実施されていません。特に東京湾では、大規模石炭火力発電所の新設計画が袖ケ浦、千葉、横須賀の三ヶ所で一斉にはじまり、2020年代の半ばから稼働をはじめる予定になっており、将来の大気汚染の影響が増大することが心配されています。今回公表するマップでは、これらが稼働した場合を想定して、大気汚染の状況をわかりやすく示すこととしています。

 このたび、分析を行ったグリーンピース・インターナショナル石炭・大気汚染部門 上級国際キャンペーナーのラウリ・ミルヴィエルタ(Lauri Myllyvirta)が来日し、石炭火力発電所の新設計画が及ぼす様々な影響についてお話いたします。

参加費 無料
申込方法 お申し込みはこちらから

こちらの申込み専用ページよりお申し込みください。

主催 石炭火力を考える東京湾の会

気候ネットワーク

国際環境NGOグリーンピース・ジャパン

お問合せ
気候ネットワーク東京事務所
TEL03-3263-9210
シェアしてください!

院内セミナー「エネルギー基本計画改定にあたって:大気汚染マップから見る石炭火力発電所の新設問題」

エネルギー基本計画の改定をめぐって議論がなされている今日、ベースロード電源として位置づけられている石炭火力発電所の新設計画が相次いであがっています。40基以上にのぼるこれらの計画がすべて稼動した場合、どのような大気汚染が考えられるのか。このたび分析を行ったグリーンピース・インターナショナル石炭・大気汚染部門 上級国際キャンペーナーのラウリ・ミルヴィエルタ(Lauri Myllyvirta) が来日し、院内セミナーを実施いたします。ふるってご参加下さい。

タイトル

エネルギー基本計画改定にあたって:大気汚染マップから見る石炭火力発電所の新設問題

日時 2018年3月20日(火)10:00~12:00
会場 衆議院第一議員会館 第四会議室(〒100-0014 東京都千代田区永田町2丁目)
アクセス

東京メトロ

丸の内線・千代田線 「国会議事堂前」駅 1番出口  徒歩3分

有楽町線・南北線・半蔵門線 「永田町」駅 1番出口 徒歩5分

南北線・銀座線 「溜池山王」駅 5番出口 徒歩8分

 

趣旨

 現在、エネルギー基本計画の改正に向けた議論が行われています。現行のエネルギー基本計画では、石炭が原発とともにベースロード電源として位置付けられています。世界では、石炭火力からの脱却が次々と進む中、日本はそれに逆行
し、「エネルギー基本計画」を根拠にして石炭火力の建設計画が次々と浮上しています。全国40 ヶ所以上で計画されている石炭火力発電所の計画の多くが人口過密地域に近く、健康被害の影響も大きくなる可能性が高いと指摘されています。しかし、現在の環境アセスメントでは、こうした複数の計画が一度に進んだ場
合の環境影響評価が全く実施されていません。

 そこで、これらの計画がすべて稼働した場合を想定して、気候ネットワーク及び国際環境NGO グリーンピース・ジャパンは、大気汚染の状況をわかりやすくマップで示すこととしました。このたび、分析を行ったグリーンピース・インターナショナル石炭・大気汚染部門 上級国際キャンペーナーのラウリ・ミルヴィエルタ(Lauri Myllyvirta) が来日し、石炭火力発電所の新設計画が及ぼす様々な影響についてお話しし、エネルギー基本計画の改訂における論点を提示します。

参加費 無料
申込方法 お申し込みはこちらから

こちらの申込み専用ページよりお申し込みください。

 

主催 気候ネットワーク

国際環境NGOグリーンピース・ジャパン

お問合せ
気候ネットワーク東京事務所
TEL03-3263-9210
シェアしてください!

横須賀セミナー「東京湾の石炭火力発電所新設による大気汚染で何が起きるか」

東京湾をとりまくように計画されている石炭火力発電所の新設によって著しい大気汚染をはじめとしたさまざまな影響が予想されます。本イベントでは、グリーンピース・インターナショナル石炭・大気汚染部門 上級国際キャンペーナーのラウリ・ミルヴィエルタ(Lauri Myllyvirta)氏を招いて、新設によりなにが起きる可能性があるのか、詳しくお話いたします。ふるってご参加ください。

 

タイトル

東京湾の石炭火力発電所新設による大気汚染で何が起きるか(仮称)

日時 2018年3月21日(水.祝日)15:30〜17:30
会場 久里浜行政センター 3F会議室(〒239-0831横須賀市久里浜6-14-2)
アクセス

https://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/2492/sisetu/fc00000450.html

趣旨

気候ネットワーク及びグリーンピース・ジャパンは、「新規石炭火力発電所による大気環境および健康への影響」のマップのサイトを公開することとなりました。現在、全国40ヶ所以上で計画されている石炭火力発電所の計画の多くが人口過密地域に近く、健康被害の影響も大きくなる可能性が高いと指摘されています。しかし、現在の環境アセスメントでは、こうした複数の計画が一度に進んだ場合の環境影響評価が全く実施されていません。特に東京湾では、大規模石炭火力発電所の新設計画が横須賀、袖ケ浦、千葉の三ヶ所で一斉にはじまり、2020年代の半ばから稼働をはじめる予定になっており、将来の大気汚染の影響が増大することが心配されています。今回公表するマップでは、これらが稼働した場合を想定して、大気汚染の状況をわかりやすく示すこととしています。

このたび、分析を行ったグリーンピース・インターナショナル石炭・大気汚染部門 上級国際キャンペーナーのラウリ・ミルヴィエルタ(Lauri Myllyvirta)が来日し、石炭火力発電所の新設計画が及ぼす様々な影響についてお話いたします。

参加費 無料
申込方法 こちらの申込み専用ページよりお申し込みください。お申し込みはこちらから
主催 横須賀の石炭火力発電所建設計画を考える会

気候ネットワーク

国際環境NGOグリーンピース・ジャパン

お問合せ
気候ネットワーク東京事務所
TEL03-3263-9210
シェアしてください!

【千葉】蘇我の方法書が公表され、説明会が開催されます。ぜひ参加しよう!(2018/2/5)

2018年2月5日現在における(仮称)蘇我火力発電所建設計画の最新動向をまとめたPDFを掲載します。

先日公開された環境アセスメントの方法書の縦覧期間、事業者による説明会の日程、計画の概要と、方法書の解説を行う学習会の日程についてをまとめています。ぜひご覧ください。

説明会、学習会ともに、申し込みは不要です。この機会を利用して、状況を把握し、市民の意見を事業者に伝えましょう。

シェアしてください!

【袖ケ浦】出光石炭研究所の前で建設反対を猛アピール

9月7日、一般財団法人石炭エネルギーセンター等の石炭火力に関連する業界団体等で毎年開催している「クリーンコールデー国際会議」。2017年は開催2日目の国際会議サイトツアーで、出光興産の袖ケ浦バルクターミナル、石炭研究所を訪れるというので、そのタイミングに合わせ、袖ケ浦石炭火力発電所の建設に反対する有志約50名が集い、地元住民等が反対していることをアピールしました。

サイトツアー参加者が訪れる予定時刻10時30分を前に、まず、出光の関係者に向けて、「石炭、反対!」、「環境汚染、反対!」「空気を汚すな!」等の抗議の声を届けます。門の前では出光の社員と思われる方が、不安げ?にこちらの様子を伺っていました。バスが到着すると、バスの中からはツアー参加者の人たちがこちらのデモの様子を覗き込んで見ていました。石炭が、地元住民から歓迎されていないという空気は十分に伝わったのではないでしょうか。

袖ケ浦の石炭火力発電所建設計画は、東京ガス、出光興産、九州電力の3分の1ずつの出資によって事業が進められているものです。今も光化学スモッグが絶えない袖ケ浦にこれ以上火力発電所の建設は住民にとって大迷惑です。30分ほど出光前でのアクションを行った後、1km先の東京ガスLNG基地前にも行って、石炭火力発電所建設反対のアピールを行いました。今回、参加者には学生など若者や子どもを持つ母親たちも参加してくれました。このアクションの輪はこれからますます広がっていくでしょう。

袖ケ浦市民が望む政策研究会のHPでも紹介しました。ぜひご覧ください。

シェアしてください!

横須賀石炭火力計画の現地見学と学習・交流会

横須賀石炭火力計画の現地見学と学習・交流会
現在、東京電力・中部電力の合弁会社JERAが、65.0万kWを2基つくる計画で石炭火力建設を計画しています。現在、旧施設の解体工事中で同時に環境アセスメント実施中(方法書が終わり、次に準備書が出される見込み)。地元の人たちがほとんど知らない中で計画が着々と進んでいます。現地を見学して、学習会でどんな計画か学んでみませんか?

日時 2017年9月16日(土) 13:00~17:30
集合 13:00 京急久里浜駅改札口
予定 ◆現地見学
JERAの石炭火力発電所建設予定地の門前と周辺、工場全体が見える高台の場所、核燃料工場
◆学習・交流会 15:30~17:30
場所:久里浜行政センター 第2会議室
◇電力自由化で変わったこと、市民の選択…
吉田明子(FoE Japan/パワーシフト・キャンペーン)
◇「石炭火力を考える東京湾の会」の報
鈴木陸郎( 横須賀石炭火力発電所建設について考える会)◇質疑と意見交流
申込・お問合せ先 鈴木(046-847-3253)
※見学の車手配のため、9月12日までに必ずお申込みください。15:30からの学習・交流会は当日参加可能です。
主催 横須賀石炭火力発電所建設について考える会
 参加費 現場見学…無料
学習・交流会…500円
 
シェアしてください!

講演会「パワーシフト!自然エネルギーを重視する電力会社を選ぼう」

講演会「パワーシフト!自然エネルギーを重視する電力会社を選ぼう」

蘇我石炭火力発電所計画を考える会などが主催するイベントです。ぜひご参加ください。 “講演会「パワーシフト!自然エネルギーを重視する電力会社を選ぼう」” の続きを読む

シェアしてください!

環境省担当課との懇談(2016年5月16日)

5月16日、東京湾の会では、4代表がそろって環境大臣への申入れを行いました。

環境省前での撮影

申入れにあたっては、石炭火力発電所について関連する部署「総合政策局 環境影響評価課 環境影響審査室」と「地球環境局 総務課 地球温暖化対策制度企画室」のそれぞれの室長ら6人の職員の方に対応いただき、45分間の意見交換を行いました。

はじめに、東京湾の会から、東京湾岸に集中して建設が計画されている石炭火力発電所による地球温暖化への影響、地域住民への健康影響などの観点から計画の中止を訴えていること、そして環境大臣からも関係各所に働きかけていただくよう要請しました。そして、各地域の代表からそれぞれの地域での懸念事項について以下のような形で申入れを行いました。

東京湾の石炭火力新設計画に関する申し入れ
【千葉】(仮称)蘇我火力発電所建設計画に関する申し入れ
【袖ケ浦】温排水の影響などに対する意見
【横須賀】横須賀の石炭火力へのリプレイス問題
【市原】2017年5月16日「石炭火力を考える市原の会」の意見

環境省からは、環境影響評価課(アセス課)大井室長からコメントがあり、石炭火力発電所の新設には住民の皆様と同じ懸念を持っているとの表明がありました。そして、「温室効果ガス以外の問題についても今日はあらためてわかった。直近では蘇我火力発電所の配慮書に対して環境大臣意見を公表しているが、気候変動への影響やその他の環境影響以外にも、石炭の事業リスクについても強調した」ことが紹介され、今後も環境大臣意見としては厳しく指摘していき、また自治体意見においても住民からしっかり意見を出してもらうことは重要だとの見解が示されました。

そのコメントを受けて、東京湾の会から参加した千葉のメンバーは、事業者が環境大臣の意見をきちんと受け止めていないという実情を訴えました。
地域の自治会から中国電力やJFEに直接対話をしたところ、、今回の環境大臣意見に対して「環境大臣はああ言ったが、大元のエネルギー基本計画で石炭26%と認めているので事業を進めることは問題がないのだ」という見解を示したことが伝えられました。

地球温暖化対策制度企画室成田室長は、これに対して事業者が政府の見解をねじまげて解釈していると述べられました。今、全国的に急増した石炭火力発電所建設計画が全部稼働すると2030年温室効果ガス削減目標(26%削減)を大幅に超過すると指摘し、政府はエネルギー基本計画で石炭を認めているわけではなく、蘇我に対する意見書についても事業者は自分たちに都合のよいように解釈しているのではないかということでした。現在の立場から、一定の石炭火力発電所の新規計画は残るのはやむを得ないが、計画全部が残るのは問題であるとし、今後も電力事業者の取り組みをしっかりレビューしていくとおっしゃいました。

環境省が石炭火力発電所の新設計画に対して非常に大きな懸念を持っていうことがひしひしと伝わる会談でした。

環境省への申入れ後の記者会見(2017年5月16日)

 

シェアしてください!

「横須賀石炭火力発電所建設について考える会」の発足集会を開催します

「横須賀石炭火力発電所建設について考える会」の発足集会

日時 2017年4月8日(土) 14:00~16:00
場所 久里浜行政センター 第1・2会議室
アクセス 京急久里浜駅から徒歩10分

JR久里浜駅から徒歩13分

趣旨 長期停止中の横須賀火力発電所を石炭で再開する建設計画。いま環境アセスメント手続きがどんどんすすめられています。県審査会では、「住民説明が不十分」など厳しい意見もだされています。3月22日には事業者の「方法書」に対する知事意見が提出される予定です。建設工事に先立ち解体工事も始まります。急いでこの計画を住民に知らせ、市や県に住民の声を伝えることが大切になっています。

私たちは1月24日の学習会、2月15日の相談会を経ていよいよ「横須賀火力発電所建設について考える会」(仮称)を立ち上げることにしました。

多くのみなさんの参加をお願いします。

プログラム パリ協定発効!世界の流れは脱炭素。
なぜ日本では石炭火力発電所の増設か
講師 平田 仁子(気候ネットワーク 理事)
参加費 500円
申込方法 事前申込不要。★どなたでも参加できます。
主催 「横須賀火力発電所建設について考える会」準備会
お問合せ先 相良 順子(TEL 090-1691-7334)
シェアしてください!