環境省担当課との懇談(2016年5月16日)

5月16日、東京湾の会では、4代表がそろって環境大臣への申入れを行いました。

環境省前での撮影

申入れにあたっては、石炭火力発電所について関連する部署「総合政策局 環境影響評価課 環境影響審査室」と「地球環境局 総務課 地球温暖化対策制度企画室」のそれぞれの室長ら6人の職員の方に対応いただき、45分間の意見交換を行いました。

はじめに、東京湾の会から、東京湾岸に集中して建設が計画されている石炭火力発電所による地球温暖化への影響、地域住民への健康影響などの観点から計画の中止を訴えていること、そして環境大臣からも関係各所に働きかけていただくよう要請しました。そして、各地域の代表からそれぞれの地域での懸念事項について以下のような形で申入れを行いました。

東京湾の石炭火力新設計画に関する申し入れ
【千葉】(仮称)蘇我火力発電所建設計画に関する申し入れ
【袖ケ浦】温排水の影響などに対する意見
【横須賀】横須賀の石炭火力へのリプレイス問題
【市原】2017年5月16日「石炭火力を考える市原の会」の意見

環境省からは、環境影響評価課(アセス課)大井室長からコメントがあり、石炭火力発電所の新設には住民の皆様と同じ懸念を持っているとの表明がありました。そして、「温室効果ガス以外の問題についても今日はあらためてわかった。直近では蘇我火力発電所の配慮書に対して環境大臣意見を公表しているが、気候変動への影響やその他の環境影響以外にも、石炭の事業リスクについても強調した」ことが紹介され、今後も環境大臣意見としては厳しく指摘していき、また自治体意見においても住民からしっかり意見を出してもらうことは重要だとの見解が示されました。

そのコメントを受けて、東京湾の会から参加した千葉のメンバーは、事業者が環境大臣の意見をきちんと受け止めていないという実情を訴えました。
地域の自治会から中国電力やJFEに直接対話をしたところ、、今回の環境大臣意見に対して「環境大臣はああ言ったが、大元のエネルギー基本計画で石炭26%と認めているので事業を進めることは問題がないのだ」という見解を示したことが伝えられました。

地球温暖化対策制度企画室成田室長は、これに対して事業者が政府の見解をねじまげて解釈していると述べられました。今、全国的に急増した石炭火力発電所建設計画が全部稼働すると2030年温室効果ガス削減目標(26%削減)を大幅に超過すると指摘し、政府はエネルギー基本計画で石炭を認めているわけではなく、蘇我に対する意見書についても事業者は自分たちに都合のよいように解釈しているのではないかということでした。現在の立場から、一定の石炭火力発電所の新規計画は残るのはやむを得ないが、計画全部が残るのは問題であるとし、今後も電力事業者の取り組みをしっかりレビューしていくとおっしゃいました。

環境省が石炭火力発電所の新設計画に対して非常に大きな懸念を持っていうことがひしひしと伝わる会談でした。

環境省への申入れ後の記者会見(2017年5月16日)

 

シェアしてください!

【袖ケ浦】2017年5月16日温排水の影響などに対する意見

石炭火力を考える東京湾の会
袖ヶ浦地域代表 富樫孝夫

環境省と話し合い資料

  1. アセスメント制度の改善をお願いします。

① 現状のアセスメントでは事業者の計画のみの単独評価です。 これは例えて言えば平原の真ん中に発電所作って、最大着地濃度はこの程度です、低いから問題ないです。という結論です、しかしPM2.5やオキシダントなどすべての観測点で基準以上です。
こんな現実からかけ離れている制度はまともと言えないのではないでしょうか? “【袖ケ浦】2017年5月16日温排水の影響などに対する意見” の続きを読む

シェアしてください!

【横須賀】2017年5月16日横須賀の石炭火力へのリプレイス問題と解体工事について要望

2017/5/16

環境省へのお願い

横須賀石炭火力発電所建設を考える会 鈴木 陸郎

本日はありがとうございます。
横須賀の石炭火力へのリプレイス問題と解体工事について以下を要望します。

(1)横須賀の現状は長期計画停止中でした。県知事の意見書でも指摘されていますが、地元住民としては、更新と言うよりは新たに建設されるものと受け止めています。

また、長期計画停止になる前でも、稼働率が低く温暖化ガスの排出量や大気汚染物質の排出も低くなっていたと思われます。

それなのに、「リプレイス合理化ガイドライン」の適用に関する説明では、環境負荷の実測値との比較ではなく、横須賀市との間で交わされた公害防止協定等で示されている上限値との比較を示し、ガイドライン適用の条件がクリアされていると主張しています。 “【横須賀】2017年5月16日横須賀の石炭火力へのリプレイス問題と解体工事について要望” の続きを読む

シェアしてください!

【市原】2017年5月16日「石炭火力を考える市原の会」の意見

2017/5/16

  • 5・16環境省申し入れ時の「石炭火力を考える市原の会」の意見

石炭火力を考える市原の会 永野 勇

環境省の皆さん、本日はご苦労様です。
市原地域の問題点と要望をお願い致します。

(1)市原は大気汚染の改善が必要な地域であること
かって市原は、のり・貝の産地で半農半漁の地域でした。
1961年から市原の海岸は埋立が始まり、砂浜だった海岸に電力・石油精製・石油化学を中心とした一大石油化学コンビナートが建設され、物質的には「豊かな」社会が生み出されました。しかし一方で、コンビナートの操業に伴い公害被害が続出し、昭和40年代にそのピークに達しました。

“【市原】2017年5月16日「石炭火力を考える市原の会」の意見” の続きを読む

シェアしてください!

【千葉】2017年5月16日(仮称)蘇我火力発電所建設計画に関する申し入れ

2017年5月16日
環境大臣 山本 公一さま

(仮称)蘇我火力発電所建設計画に関する申し入れ

蘇我石炭火力発電所計画を考える会

拝啓
貴職におかれましては、健康で文化的な国民生活の確保・実現に向け、日々環境保全にご尽力くださり、感謝申し上げます。

私たちは昨年末新聞報道等で、千葉市中央区川崎町1番地(JFEスチール(株)東日本製鉄所(千葉地区)構内)に石炭を燃料とする火力発電所(出力107万kW)の建設が予定されていることを知りました。ご存じの通り石炭火力発電所は,技術革新が進んだとはいえ、多量の二酸化炭素を排出するだけでなく、窒素酸化物や硫黄酸化物,さらには水銀等重金属など大気汚染物質が排出され、海域や河川には温排水による影響も懸念されます。

“【千葉】2017年5月16日(仮称)蘇我火力発電所建設計画に関する申し入れ” の続きを読む

シェアしてください!

2017年5月16日東京湾の石炭火力新設計画に関する申し入れ

本日5月16日、石炭火力を考える東京湾の会では以下の環境省への申入れを行いました。

東京湾の石炭火力新設計画に関する申し入れ

環境大臣 山本 公一さま

東京湾の石炭火力新設計画に関する申し入れ

2017年5月16日
石炭火力を考える東京湾の会 共同代表
鈴木陸郎、小西由希子、富樫孝夫、永野勇

拝啓 貴職におかれましては、環境の保全を推進し、国民の健康で文化的な生活の確保の実現に向けご尽力を頂き感謝申し上げます。

さて、2016年12月東京湾岸沿いの石炭火力発電所新設計画(袖ケ浦市に100万kWが2基、市原市に100万kWが1基、千葉市に107万kWが1基、横須賀市に65万kWが2基)が発表されましたが、私たちは「今なぜ石炭火力発電なのか?、東京湾岸に新たな発電設備は必要なのか?」、という素朴な疑問がわきました。 “2017年5月16日東京湾の石炭火力新設計画に関する申し入れ” の続きを読む

シェアしてください!