横須賀石炭火力計画の現地見学と学習・交流会

横須賀石炭火力計画の現地見学と学習・交流会
現在、東京電力・中部電力の合弁会社JERAが、65.0万kWを2基つくる計画で石炭火力建設を計画しています。現在、旧施設の解体工事中で同時に環境アセスメント実施中(方法書が終わり、次に準備書が出される見込み)。地元の人たちがほとんど知らない中で計画が着々と進んでいます。現地を見学して、学習会でどんな計画か学んでみませんか?

日時 2017年9月16日(土) 13:00~17:30
集合 13:00 京急久里浜駅改札口
予定 ◆現地見学
JERAの石炭火力発電所建設予定地の門前と周辺、工場全体が見える高台の場所、核燃料工場
◆学習・交流会 15:30~17:30
場所:久里浜行政センター 第2会議室
◇電力自由化で変わったこと、市民の選択…
吉田明子(FoE Japan/パワーシフト・キャンペーン)
◇「石炭火力を考える東京湾の会」の報
鈴木陸郎( 横須賀石炭火力発電所建設について考える会)◇質疑と意見交流
申込・お問合せ先 鈴木(046-847-3253)
※見学の車手配のため、9月12日までに必ずお申込みください。15:30からの学習・交流会は当日参加可能です。
主催 横須賀石炭火力発電所建設について考える会
 参加費 現場見学…無料
学習・交流会…500円
 
シェアしてください!

コメントを残す